新保安システム「D-TAS」導入 車両搭載のデータベースで列車制御 JR西日本

JR西日本が、山陽本線の西広島~岩国間で、新保安システム「D-TAS」の使用を開始します。従来の地上主体式ではなく、車上主体式のシステムです。

「地上主体式」から「車上主体式」へ

 JR西日本は2018年4月18日(水)、山陽本線の西広島~岩国間35.9kmで、新保安システム「D-TAS(Database oriented Train Administration System:データベースを用いた列車管理システム)」の使用を開始すると発表しました。

Large 180418 jrwdtas 01
山陽本線で使用されている227系電車。「Red Wing」という車両愛称を持つ(画像:photolibrary)。

 従来の保安システム「ATS(Automatic Train Stop:自動列車停止装置)」は、制御に必要な情報を地上から車両に送信し、それに基づいて列車を制御する地上主体式のシステムでした。新導入の「D-TAS」は、制御に必要な情報を車両搭載のデータベースにあらかじめ登録しておき、列車側で自律的に制御する車上主体式のシステムです。

 データベースには、信号機や線路のカーブ、ポイント(分岐)などの位置、制限速度の情報を登録。列車は車輪の回転数で自分の走行位置を把握し、データベースの情報と照らし合わせます。制限速度を超過した場合には、従来のATSと同様に、自動的にブレーキを動作させます。JR西日本によると、様々な地上設備の情報をデータベースに登録することで運転支援機能を充実させ、安全性・安定性のさらなる向上を図るとしています。

 使用開始は5月20日(日)。対象車両は下関総合車両所広島支所に所属する227系電車です。なお、山陽本線の白市~西広島間でも、2019年度春に「D-TAS」の使用が開始される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 広島地区も変わるのか。
    芸備線や津山線の気動車もトイレ付き転換クロス対応に早く変えてくれると良いと思います。
    そうなれば、利便性が向上するし、越美北線や高山本線なども同様にしてくれるとありがたいです。