旧「博物館動物園駅」の駅舎、歴史的建造物に東京都が選定 京成

京成電鉄の旧・博物館動物園駅の駅舎が、「東京都選定歴史的建造物」に選ばれました。歴史的な価値を持つ建造物として認められたもので、鉄道施設としては初めての選定です。

1933年開業

 京成電鉄は2018年4月19日(木)、旧・博物館動物園駅(東京都台東区)の駅舎が、同日付で「東京都選定歴史的建造物」に選ばれたと発表しました。

Large 180420 keiseihkbtkndubten 01
東京都選定歴史的建造物に選ばれた旧・博物館動物園駅の駅舎イメージ(画像:京成電鉄)。

 旧・博物館動物園駅は1933(昭和8)年12月、京成上野線(現・本線)の上野公園(現・京成上野)~日暮里間開通に合わせて開業。帝室博物館(現・東京国立博物館)や恩賜上野動物園の最寄り駅として利用されました。しかし乗降客の減少などから、1997(平成9)年に営業休止、2004(平成16)年に廃止を迎えています。

 京成電鉄は今回の選定をひとつのきっかけとして、駅舎を改修する方針。文化・観光振興などで連携協定を結んでいる東京芸術大学とともに、駅舎の保存・活用について検討を進め、上野エリアの魅力向上に貢献していくとしています。

 東京都選定歴史的建造物は、歴史的な価値を持つ建造物(原則として建設後50年を経過しているもの)のうち、特に景観上重要なものとして都知事が選定するものです。2018年3月末現在、東京芸術大学(赤レンガ1号館、2号館ほか)、新宿の伊勢丹本店本館、隅田川に架かる吾妻橋、言問橋など、全92件が選定されています。鉄道施設としては、今回の旧・博物館動物園駅駅舎が初めての選定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180420 keiseihkbtkndubten 02
  • Thumbnail 180420 keiseihkbtkndubten 03
  • Thumbnail 180420 keiseihkbtkndubten 01

関連記事

最新記事

コメント