新キャラ「ウィンストン」登場 リアル「トーマス号」に仲間入り 大井川鐵道

大井川鐵道の「きかんしゃトーマス」をはじめとする仲間に、新キャラクター「ウィンストン」が登場。千頭駅構内で開催されるイベント「トーマスフェア」で、新アトラクションとして加わります。

赤いボディのレール点検車

 2018年6月、静岡県内の大井川沿いを走る大井川鐵道に、『きかんしゃトーマス』の新キャラクター「ウィンストン」が登場します。

Large 180502 ooiwinston 01
赤いボディのレール点検車「ウィンストン」が今回仲間入り(画像:大井川鐵道)。

 大井川鐵道は、『きかんしゃトマース』の世界から飛び出してきたようなキャラクターの蒸気機関車や客車などを2014年から運行。トーマス、ヒロ、ラスティーに加え、2015年にはジェームス、2016年にはバスのバーティーといじわる・いたずら貨車が仲間入りしています。

 今回加わるウィンストンは赤いボディのレール点検車です。内気で目立つのが苦手ですが、穏やかで優しい性格といいます。おもに重役・局長のトップハム・ハット卿による運転で線路を走ります。

 このウィンストンは、6月9日(土)から始まる「Day Out With Thomas 2018」に登場。千頭駅(静岡県川根本町)構内で開催されるイベント「きかんしゃトーマスフェア」会場で、自転車のようにペダルを回して進むアトラクションとして楽しめます。定員は3人、走行距離は約80m、料金は片道1回(1~3人)300円です。

「トーマスフェア」は6月9日(土)から10月14日(日)までの、土休日を中心とした「きかんしゃトーマス号」「きかんしゃジェームス号」の運行日に開催。開催時間は10時から16時までで、入場料(小学生以上)は500円です。

 大井川鐵道は「ウィンストンの加入により、ヒロやパーシーの待つ千頭駅トーマスフェア会場ではますますパワーアップした『きかんしゃトーマス』の世界をお楽しみいただけます。年々賑わいを増す大井川鐵道の『Day Out With Thomas』に今後もご期待ください」としています。

 なお、「きかんしゃトーマス号」「きかんしゃジェームス号」は大井川本線の新金谷~千頭間37.2kmを運行。期間中の76日間、のべ176本が運転されます。予約申し込みは「ローソンチケット」が取り扱っています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180502 ooiwinston 02
  • Thumbnail 180502 ooiwinston 01

関連記事

最新記事

コメント