(旧)東名や中央道で名古屋へ 「早さ」なら新東名、あえて使うメリットはあるか 

東京~名古屋間を高速道路で移動する場合、最も距離が短いのは新東名高速を利用するルートですが、目的が「早く着くこと」以外なら、東名高速や中央道を利用するルートにもメリットがないわけではありません。

大型車が少ない、「東名ルート」「中央道ルート」

 東京~名古屋間を高速道路で移動する場合、最も走行距離が短いのは東京ICから東名高速に乗り、御殿場JCTから新東名高速を通る「新東名ルート」ですが、ほかにも東京から名古屋まで旧来の東名高速を使う「東名ルート」や、高井戸ICから中央道を通って名古屋に至る「中央道ルート」も利用できます。

Large 180502 toumeiexpwy 01
東名高速上り線の富士川SA付近(画像:写真AC)。

 これら3ルートの走行距離はどのくらい違うのでしょうか。「新東名ルート」と「東名ルート」の起点を東京IC、「中央道ルート」の起点を高井戸ICとし、これらの終点を名古屋ICとした場合、3ルートの走行距離はそれぞれ新東名314.6km、東名325.5km、中央道350.9kmとなります。さらに、新東名(御殿場IC~豊田東JCT間)はこれら3ルートのなかでもカーブや勾配が緩やかな設計になっています。「新東名ルート」は、早く快適に目的地に着きたい場合には第一の選択肢となるでしょう。

 ただ、「東名ルート」や「中央道ルート」にもメリットがまったくないというわけではありません。たとえば、これらのルートは「新東名ルート」に比べて、大型車が少ないという特徴があります。

 3ルートが並行する区間の交通量を、国土交通省の「2015年度道路交通センサス」で比較すると、静岡県内における新東名と東名高速の交通量のうち、昼間の12時間に大型車が占める比率は、新東名が40.0%、東名高速が33.3%となっています。長野県内における中央道の交通量では、大型車が26.4%となっており、「高速道路で大型トラックに囲まれながら走る」というケースは「東名ルート」や「中央道ルート」の方が少ないと考えられます。

トヨタ アルファードの中古車情報

U00025907624 001l

排気量
2360cc~3500cc
価格帯
8.0万円~1780.0万円

中古車情報を見る

トヨタ プリウスの中古車情報

Uz0026025263 001l

排気量
1490cc~1800cc
価格帯
9.0万円~398.0万円

中古車情報を見る

日産 セレナの中古車情報

Uz0026025204 001l

排気量
1190cc~2500cc
価格帯
5000円~591.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180502 toumeiexpwy 03
  • Thumbnail 180502 toumeiexpwy 01
  • Thumbnail 180502 toumeiexpwy 02

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 自分は中央道派です。何故なら土岐で降りて21号を関ヶ原365号から8号と303号、琵琶湖の北を回り込むように小浜、舞鶴、香住、余部、鳥取から9号で出雲、浜田から益田から191号で下関、関門トンネルで門司まで、帰郷でも新東名使いません、高速料を節約して帰りは大阪までフェリー使います。
    新東名は都市間を結ぶには便利でいいんですけど休憩場も妙に駐車しにくいし極力避けてます。

  2. ケチくさいけど、サービスエリアの食事が安いのもいい。
    早く着く必要がなければ、新東名はあえて避けてる

  3. 中央道は距離と標高のロスがね…
    浜名湖に寄りたいから、浜名湖SAで折り返せるようにして、新東名を使ってても浜松いなさJCT-三ケ日JCT-浜名湖SAを無料で往復できる特例があったらいいのにな、といつも思う

  4. ドリーム号や昼特急で中央道経由便があるのはなんかあって東名が通行止めになった時に中央道回りが使えるという「免許維持」の観点があるのかな、と邪推してしまう民。

  5. 大型車混入率が多いと、追い越し車線をリミッター上限90km/hで延々と走るトラックに進路を塞がれる率が高くなるので、旅行速度が遅くなるからなぁ。

    なので、まだまだ中央道や東名高速も利用価値があるかな(トラックに進路を塞がれると旅行速度だけではなく疲労も増すし)。