「木曽あずさ」「諏訪しなの」「伊那ツインアルプス」…JR東日本とJR東海、信州へ臨時列車

JR東日本とJR東海が、観光キャンペーン「信州アフターデスティネーションキャンペーン」にあわせて、観光に便利な臨時列車を運転します。

キャンペーン期間中、臨時列車を計407本運行

 JR東日本とJR東海は2018年5月18日(金)、観光キャンペーン「信州アフターデスティネーションキャンペーン」を7月から9月にかけて展開するのにあわせ、臨時列車を計407本運行すると発表しました。

Large 180518 jrecshinsyudc 01
特急「しなの」に使われている383系電車(2018年5月、草町義和撮影)。

 2社が連携し、189系の特急「木曽あずさ号」(新宿~南木曽)や383系の特急「諏訪しなの号」(名古屋~小淵沢)をはじめ、快速「木曽路満喫号」(長野~中津川)、快速「伊那ツインアルプス号」(名古屋~伊那市)などの運転を予定しています。おもな臨時列車の運転区間、編成、運転日は次のとおりです。

●快速「木曽路満喫号」
・長野~中津川間、189系6両
・7月1日(日)

●特急「木曽あずさ号」
・新宿~南木曽間、189系6両
・7月28日(土)、29日(日)、8月25日(土)、26日(日)

●快速「飯田線リレー号」
・辰野~駒ケ根間、313系3両
・7月28日(土)、29日(日)、8月25日(土)、26日(日)

●快速「北アルプス三蔵ほろ酔い号」
・松本→信濃大町間、211系3両
・9月1日(土)

●快速「伊那ツインアルプス号」
・名古屋~伊那市間、313系3両
・9月2日(日)

●快速「いいやま風っこ」
・長野~森宮野原間、キハ48形2両
・9月2日(日)

●特急「諏訪しなの号」
・名古屋~小淵沢間、383系4両
・9月8日(土)、9日(日)

●快速「風っこ善知鳥(うとう)」
・塩尻~富士見間、DD16+キハ48形2両+EF64
・9月9日(日)

 快速「北アルプス三蔵ほろ酔い号」は全車自由席で、それ以外の列車はいずれも全車指定席。このほか、快速「HIGH RAIL」や快速「おいこっと」、快速「リゾートビューふるさと」、急行「飯田線秘境駅号」などの観光列車も運転が予定されています。

 期間中は、JR東日本の「駅からハイキング」とJR東海の「さわやかウォーキング」の共同開催コースも設定。9月2日(日)は伊那市駅から、8日(土)は上諏訪駅からのコースが企画されており、それぞれ先着500人には特製駅名バッジがプレゼントされます。

 このほか、旅行商品や企画乗車券の発売、CM放映、PRイベントの実施なども予定。JR東日本とJR東海は「魅力あふれる夏の信州へ、ぜひお出かけください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180518 jrecshinsyudc 02
  • Thumbnail 180518 jrecshinsyudc 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. こんなに多く運行するのか
    景気やインバウンド需要に後押しされてというのもあるのだろうけど、不仲説が嘘と言えるくらい東海と長野支社は密接だな

    東海さん、西日本との間でも何かしませんか