「爆買い」後の貸切バス業界 フル稼働の活況から「稼働率1割」へ下落も 事業者間の優劣鮮明に

貸切バス業界は、2015年ころには中国などからの「爆買い」ツアーで活況を呈し、「新車の発注が集中して、納車まで2年待ち」といわれるほどでした。しかしその後、「爆買い」は急失速し、大きな変化が起こっています。

インバウンド需要は2000年代から 中小バス会社の独壇場だったワケ

 2015年ころ、東京・銀座の免税店前や大阪・道頓堀橋の上では、買い物袋を両手に抱えたインバウンド(訪日外国人)のツアー客があふれ、彼らを迎えに来た貸切バスが列を作っていました。停車できる場所が見つかるまで、周囲を何周も回り続けるバスも多く見かけたものです。

 しかし翌2016年、このような「爆買いツアー」は激減しました。2015年はほぼフル稼働だったという貸切バス事業者の経営者は、「2018年春の車両稼働率は1割台」と嘆いています。そのあいだに、貸切バス業界にはどのような変化が起こったのでしょうか。

Large 180522 bakugai 01
銀座の免税店前に乗りつけたインバウンド・ツアーの貸切バス。写真はイメージ(成定竜一撮影)。

 そもそも、貸切バスにおけるインバウンド・ツアーの需要は2000年代から始まっています。現状の背景を知るために、2000年代から歴史をひも解いてみましょう。

 まず、貸切バス業界では2000(平成12)年に大きな変化がありました。道路運送法の改正による規制緩和で新規参入が容易になったのです。それまでは営業区域(おおむね都道府県単位)ごとに車両の上限台数が決まっており、新規参入は困難でしたが、安全面の要件を満たせば新しいバス事業者にも事業許可が与えられるようになりました。これにより競争が活発となり、貸切バス運賃(チャーター代)は下落、特に新規参入の事業者の多くは小規模で営業力も劣ったことから、低運賃を売りにしました。

 2005(平成17)年ころから徐々に増え始めたインバウンド・ツアーの仕事は、ほぼ、そのような中小事業者の独壇場でした。当時、そのおもな主催者だった中国や台湾の旅行会社はコストに厳しかったことに加え、立ち寄り地点が当日になって変更となるなど、大手事業者の運行管理の基準では受注が難しかったからです。同じころ国内旅行の分野でも、新規参入事業者に低運賃で発注することで格安価格を実現した、旅行会社のバスツアーや都市間を結ぶ高速ツアーバスも急成長しました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180522 bakugai 04
  • Thumbnail 180522 bakugai 01
  • Thumbnail 180522 bakugai 02
  • Thumbnail 180522 bakugai 03

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. おあつらえじゃないか。
    余った運転士を是非とも高速バスや路線バスに振り向けてくれ。
    そっちは慢性的に人が足りないんだから。

    • 若く能力のある運転士なら双方の利益になりますが60歳過ぎたような高齢者や
      正直な話他社で問題起こした運転士が緩い条件での新免で働いているケースもあります。
      彼らは恐らく失業し、平均年齢の高い路線バスも人不足は根本的には解決しないでしょう。

  2. 事故れば運転経験が浅いだの運行管理だのと、ドライバー数以上に増車申請をポンポン受理しちゃってね~、君ら国交省陸運旅客課や貨物課はバスやシャシメーカーの廻し者なのかい?

  3. 一人当たりの 旅行消費額も 激減という程 減ってないようだが、
    もっと 長期的な 統計データに基づき 議論すべき

  4. 新車より高い中古車とか
    中古車しか買えない零細企業って、
    あまりにも無知すぎる。

    • 数年で使い捨てなので本当にカネのない事業者は20年落ちにDPF付けたのを使っていますよ。
      同業者同士(仲間内?)で融通する傾向もあるので何社も転々とする車両もあります。
      新免や地方の事業者が前所有者(大手)の塗装をそのまま使って問題になる事もありますが、
      前所有者が新免でそのまま使っているケースなんて言うのもしばしばあります。

    • 復興事業では土砂禁ダンプまで新車を上回る価格で取り引きされましたがね。
      て言うか復元事業みたいなもんでしょう
      役人も事業主も学習できないタコ壺のタコと言うか?何度でも餌に誘惑されるんですよ

  5. 通勤途中にバス販売の保管駐車場があるのですが、この二年くらい前からバスの稼働率が全くないですね
    路上から目立つところに一年前からバスのフェンダーカバーを開けて足回りやカバーでも交換でもするかのかな?と思っていたら…一年経って今に至る感じで、需要低迷で売れないんだな…と言う感じです。転売するのだろうからシッカリ管理しないと売れないだろう?と思っていましたがカバーもそのまま周辺に起きっぱなしだしありゃ深刻ですね。バスバブルの崩壊での餌食なんですかね?

    • そこは大手の中古車販売店ですか?
      営業力や取引ルートの問題もあって需要に関係なく中古車販売業の一部は動いていないようです。
      バブル期も氷河期も今に至っても廃業する業者があるというのは確かです。
      ただ確かに大手と言われるところでも苦戦している様子が見えています。
      需要が限られたところに集中しているのでしょうか?