「SLやまぐち号」35系客車が最優秀車両に 「快適な旧型客車の再現」評価 2018年ブルーリボン賞

鉄道友の会が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表。最優秀車両の「ブルーリボン賞」は、JR西日本「SLやまぐち号」の35系客車に決定しました。

「最新技術で快適な旧型客車の再現」高いレベルで具現化

 2018年5月24日(木)、鉄道友の会が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表。2018年の「ブルーリボン賞」には、JR西日本の「SLやまぐち号」に使う35系客車が選ばれました。

Large 180524 br2018 01
2018年の「ブルーリボン賞」を受賞したJR西日本「SLやまぐち号」の35系客車(画像:鉄道友の会)。

 同車両は、観光キャンペーン「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」にあわせ、2017年9月にデビュー。山口線を走る蒸気機関車牽引(けんいん)の臨時快速「SLやまぐち号」として使われています。

「SL全盛期の客車を復刻した新しいレトロ客車」(JR西日本)といい、昭和初期に製造された旧型客車の形式を踏襲(35系4000番台)しながらも、バリアフリー対応の多機能トイレや電源コンセントなど、最新の設備もあわせ持っているのが特徴です。

 5両編成で、定員は245人。車体は鋼製で、窓帯や屋根の形など、ベースとした車両の外観が可能な限り忠実に再現されています。車内は、かつての一等展望車を再現したグリーン車をはじめ、大型テーブルを備えたボックス席、売店、運転体験コーナーなど様々です。

 鉄道友の会は賞の選定理由として、「牽引される客車の確保は重要な課題」としたうえで、「最新技術で快適な旧型客車の再現」するという開発コンセプトを高いレベルで具現化した点や蒸気機関車列車を永続的に運行するためのひとつの方向性を示した点を高く評価したことを挙げています。

「ブルーリボン賞」「ローレル賞」は、鉄道友の会が毎年1回、前年に日本国内で営業運転を始めた鉄道車両のなかから選定する賞です。同会会員の投票結果をもとに、選考委員会が利便性や快適性、環境対応、新技術の有効活用といった観点から車両を評価。「最優秀」と認められた車両には「ブルーリボン賞」が、「優秀」と認められた車両には「ローレル賞」がそれぞれ贈られます。今年の選考委員は9人、候補車両は18形式でした。

 なお、2018年の「ローレル賞」には、JR東日本のE353系特急形電車、東武鉄道の500系特急形電車、鹿児島市交通局の7500形電車が選定されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180524 br2018 02
  • Thumbnail 180524 br2018 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 瑞風や四季島は?

  2. ヲタにも一般人にもわかりやすいコンセプトかつ素晴らしい仕上がり具合、しかも『身近な存在』。
    概ね異存は無いでしょうね。