いまも健在「列車の個室」 グループ旅行ならアリ? 「個室風」座席も

鉄道車両の設備のなかでも、グループ旅行にぴったりなのが個室。ほかの乗客に気兼ねすることなく旅を楽しめる個室は、実はリーズナブルに利用できる設備です。

少ないながらも個室は健在

 列車はひとつの車両に大勢の人が乗っています。見知らぬ人たちと一緒に移動するのも旅のおもしろさのひとつですが、他人に気兼ねすることなくグループで楽しみたいという人もいることでしょう。

 昼間に走る列車も、なかにはそういったグループ旅行向けに、個室を設定しているものがあります。首都圏だと、日光・鬼怒川方面へ向かう東武鉄道100系の特急「スペーシア」や、伊豆方面へ向かうJR東日本251系の特急「スーパービュー踊り子」です。

Large 180522 koshitu 01
東武特急「スペーシア」の個室は1室4人まで。1人あたり約660mm幅のゆったりとしたソファで旅行を楽しめる(児山 計撮影)。

 両車両とも営業運転開始は1990(平成2)年でいささか時間がたっていますが、バブル時代に製造されただけあって座席やインテリアは豪華。リニューアルされているため、古さは感じません。

 JR東日本の251系は先日、後継となるE261系が発表されましたが、個室の「伝統」はしっかりと受け継がれ、251系以上に広々としたグリーン個室が設定されるようです。東武鉄道も2017年4月に「フラッグシップ車両」の導入を発表しています。個室の設定については明らかにしていませんが、期待したいところです。

 なお、個室を有する車両はこのほか、JR九州の787系(特急「かもめ」など)、近鉄特急などがあります。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180522 koshitu 04
  • Thumbnail 180522 koshitu 01
  • Thumbnail 180522 koshitu 03
  • Thumbnail 180522 koshitu 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. セミコンパートメント(半個室)の最安値といえば、
    JR中央線の名古屋-中津川(運用範囲は最大で)の313系8000番台かな?
    車端部(乗務員室後ろ除く)は4人がけクロスシートでテーブル付き。
    数本のライナー類を除けば特別料金不要。

    だだ…
    いつどこで走ってるか解らんのよね。この子。(ライナー類を除く)
    名古屋から瑞浪行くぞ!とか言うときに、
    先発が普通神領でコイツ。
    次発快速中津川がロングシート211系だったり、
    はたまた途中駅で何が来る?
    最後尾付近で待ってて、
    お!8000番台!
    と思ったら甘かった…
    前3両8000番台で残り7両がロングシートの211系だったりと。