「東名ハイウェイバス」のいま 国鉄時代の誕生から半世紀 「新東名」シフト鮮明に

来年2019年6月で運行開始50周年を迎える「東名ハイウェイバス」。東京駅~静岡駅・名古屋駅間を結ぶ、国鉄時代からの由緒ある高速路線として有名ですが、長らく東名高速経由で運行していたこの路線も、新東名高速の開通により、ここ数年のあいだで大きく変貌しています。

「鉄道の補完」として誕生し、まもなく50年

 旧国鉄からJRバスに引き継がれて運行されている「東名ハイウェイバス」。名古屋駅と京阪神を結ぶ「名神ハイウェイバス」に続く東京駅~静岡駅・名古屋駅間を結ぶ高速路線として、東名高速(東名)が全通した翌月の1969(昭和44)年6月10日に運行を開始し、来年2019年で50周年を迎えます。

Large 180528 tomeibus 01
「東名ハイウェイバス」の「スーパーライナー」に充当された国鉄復刻塗装車。現在は運行を終了している(須田浩司撮影)。

「東名ハイウェイバス」の正式名称は「東名高速線」といい、当時の国鉄はこれを、「東海道本線の輸送を補完」「急行列車を代替」するものとして位置付けていました。運行開始にあたって、サブエンジン冷房、トイレ、固定窓、電気式スピードメーターなどを搭載した「国鉄専用形式」車両を投入したことでも有名です。おもに東名高速の本線上やIC付近へこまめに停留所を設け、各停や速達便などを含む合計43往復で登場しました。現在、停留所の数は50以上を数えます。

 現在の「東名ハイウェイバス」は、ジェイアールバス関東、ジェイアールバステック(ジェイアールバス関東の子会社)、ジェイアール東海バスの3社が共同で運行しています。使用車両は3社ともに4列ワイドシートの38~40人乗りハイデッカー車がメイン。一部の便は、夜行便「ドリーム号」と運用が共通になっており、ジェイアール東海バスが運行する「新東名スーパーライナー」の一部の便には2階建てバスも投入されています。なかでも、「プレミアムシート」搭載車および「ビジネスシート」搭載車で運行されている便(各1往復)は、座席がゆったりとしており、「乗り得」感が高いといえるでしょう。

 そして、ここ数年来で「東名ハイウェイバス」が大きく変化している点が、運行ダイヤです。2012(平成24)年に新東名高速(新東名)御殿場JCT~浜松いなさJCT間が開通して以後、東京駅~静岡駅間が減便される一方で、東京駅~名古屋駅間の「直行便」の増加が目立ちます。

テーマ特集「【バス】永久保存版! 高速バスでもっと快適に移動する方法 電車や新幹線よりこんなに安い?」へ

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180528 tomeibus 08
  • Thumbnail 180528 tomeibus 01
  • Thumbnail 180528 tomeibus 02
  • Thumbnail 180528 tomeibus 03
  • Thumbnail 180528 tomeibus 04
  • Thumbnail 180528 tomeibus 05
  • Thumbnail 180528 tomeibus 06
  • Thumbnail 180528 tomeibus 07

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 確かに「東名スーパーライナー」の本数が若干減ったし、ダブルデッカーは殆ど新東名経由になったもんな(数年前まではスーパーライナーでも二階建て運用が在ったもんで)
    今後の情勢が気になります

  2. もっと単純な理由としては、
    ・勾配が極めて緩いので燃料代を節約できる。特にエアロキングの場合は有効。
    ・距離が短いため東名間でのワンマン乗務が可能。
    ・東名に比べ事故のリスクが低い(と思うが・・・。)
    といった事情もあるのだろう。

    東名間直通サービス向上=経費節約という、とくにJR東海バスサイドが喜びそうな公式が成り立つかと。

  3. 国鉄バスは青白の印象が強いが、試験塗装とはいえ赤白があったのは知らなかった。
    それにしても、旧塗装意外にかっこいい。
    運行パターンの識別に入れても良いような。

  4. やはり視野は首都から首都なんですね、よく名古屋から東京の割引乗車券で神奈川で降車させてもらってましたが区間の割引が消滅したので悪いとは思いながら使わせてもらいました。
    また料金箱を外してる車とそうでない車、料金箱は総重量に含む重量物なので脱着において何れも構造変更が必要か否かは分かりませんが大人二人でも持ち上がらない物を外すとなれば燃費にも良い影響が現れるか?また定員を増員できるか重量税の節約か?
    東海のエアロキングも2003年式程度のリニューアル車は料金箱を撤去しているようですが残りの存続車も追々か配車まで共に?なのでしょうか?
    関東車の平屋バスの中央ライナー便は既に取り外している専属車と言ったところでしょうか?
    またエアロキングも軸重限度の関係で3軸目のシングルタイヤを引きずらなければならない悲しい運命が無ければ燃費は一歩良かったと思いますね。
    日野プラザ?なる小さな博物館には国鉄バス時代の水平対向12気筒エンジンが展示されていたり、高速バスのエンジンが今でも高馬力仕様を導入してきた歴史の証が見てとれますし、バステックのいすゞオリジナルガーラはV8ターボであったり同シャシのV10やV12NAの馬力を凌ぐ化物で燃費の関係上、新東名は仕方無いとこでしょう

  5. 新東名の弩田舎のバス停に降ろされてもこまるしな

  6. 東名高速バスは昼夜共々よく使うけど、やはり速達性なら新東名、景色なら従来の東名でしょうか。
    区間利用は東京~東名綾瀬、東名伊勢原が多いようですね。鉄道空白地帯ながら工場やIT関連のセンターが近い理由でしょうか。
    東名御殿場もバスタ新宿行きの小田急バスと東京行きのJRと使い分けで利用者が多い感じ。
    名古屋インター〜東名岡崎までは結構東京への利用者もいるようです。
    逆に東名三好や東名上郷は1日上下1本ずつしか止まらない事から役割は既に終わったのかもしれません。
    新幹線とスピード差あるものの、料金では有利、door to doorではそこまで時間差も大きくなく、コンセントかUSBは完備でWiFiも使える等色々なメリットもあるので、新幹線等と上手く使い分けてこれからも愛用していきたいです。

  7. 国鉄バスは富士重工黄金時代かな?三菱のMSも当時は富士製だったかな
    最近では江ノ電バスがの一部に富士と三菱の組合わせがあったけど事業撤退してしまったし
    西日本車体に日野の足周りを送って西車製の日野RU638なんてのを佐賀大和から福岡まで乗りました。
    やはり当時は車体メーカーだったのですね
    トラックの世界でも日野車体のボデーを載せたUDやいすゞギガもありましたしね
    今や新車としての高速仕様は三菱MSに日野といすゞのRUに絞られ悲しい限りですね。
    まだまだ栃木生まれのLV系いすゞガーラも走ってますが三菱MUキングと共にさよなら、でしょうか?
    三菱の3軸引きずり軸の証である型式のMUはトラックのFUにも通ずる型式なので何らかの形で保存してほしいですね