飛行機の「双胴機」なぜそのカタチ? P-38「ライトニング」ほか、それぞれのワケ(写真10枚)

戦闘機以外ではどんな双胴機が作られた?

 ジェット戦闘機では用いられなくなった双胴ですが、輸送機や軽攻撃機などで採用される例がありました。

 フランスの「ノール ノラトラ」やアメリカ空軍のC-82「パケット」とその改良版C-119「フライング・ボックスカー」などの輸送機は、貨物室の扉を胴体後部に設置するために双胴を採用し、貨物の搭載作業の効率化を図りました。

 そしてベトナム戦争で活躍し、いまなおテロの掃討作戦などで使い続けられているCOIN(軽攻撃)機のOV-10「ブロンコ」は、様々な作戦に対応するため双胴を採用しています。機内レイアウトの自由度が高く、機体後方にパラシュート降下用の開口部を設けることで、特殊部隊隊員の空挺降下も可能となっており、人員から物資の輸送、隠密作戦まで汎用性が高くなっています。

Large 180611 twin 07 Large 180611 twin 08 Large 180611 twin 09

拡大画像

拡大画像

拡大画像

アメリカをはじめ、フランスやイタリア、台湾でも使われたC-119(画像:アメリカ空軍)。
ベトナム戦争から、いまもなお活躍するCOIN機、OV-10「ブロンコ」 (石津祐介撮影)。
117mの巨大な主翼を持つ双胴機、「ストラトローンチ」(画像:ストラトローンチ・システムズ)。

 一方の民間では、双胴機はロケットの打ち上げに利用されるケースがあります。空中発射ロケットの母機として作られた米ストラトローンチ・システムズ社の「ストラトローンチ」は、ボーイング747のエンジンを6発流用した、全長72.45m、翼幅117mの巨大な飛行機です。ロケットを吊るして離陸し、空中で発射するために双胴となっています。ほかに、ヴァージン・ギャラクティック社の「ホワイトナイトツー」も同様に双胴機となっています。また、ロシアでは双胴の大型輸送機を開発中だとも報じられています。

 ちなみに、実は船にも「双胴船」なるものがあります。「カタマラン」と呼ばれ、安定性が高く高速での航行が可能で、ヨットをはじめ水中翼船でも用いられているスタイルです。熊本フェリーの「オーシャンアロー」や香港の「ターボジェット」で運航されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180611 twin 10
  • Thumbnail 180611 twin 01
  • Thumbnail 180611 twin 02
  • Thumbnail 180611 twin 03
  • Thumbnail 180611 twin 04
  • Thumbnail 180611 twin 05
  • Thumbnail 180611 twin 06
  • Thumbnail 180611 twin 07
  • Thumbnail 180611 twin 08
  • Thumbnail 180611 twin 09

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. P-38はエンジンの熱がコクピットに伝わってこないので、高空で寒くそれが不評だったとか。
    P-61は重武装に黒づくめと悪そうに見えるのが好きw