再配達の荷物、駅のコインロッカーで受け取れます 京王線7駅でサービス開始

京王電鉄が、佐川急便の不在再配達となった荷物を駅ナカのコインロッカーで受け取れるサービスを、京王線7駅で開始します。

原則6時~24時に受取可

 京王電鉄は2018年6月26日(火)、佐川急便の不在再配達となった荷物を駅ナカのコインロッカーで受け取れるサービスを、京王線7駅で7月2日(月)から開始すると発表しました。

Large 180627 keiolocker 01
聖蹟桜ヶ丘駅の「駅中受取コインロッカー」(画像:京王電鉄)。

 既設のコインロッカーのさらなる有効活用と駅の利便性向上、荷物の再配達削減が目的。個人利用者が不在再配達となった荷物の配送先を対象駅のロッカーに指定すると、そのロッカーで荷物を受け取れます。利用料は無料です。

 サービスの対象駅は笹塚、桜上水、千歳烏山、飛田給、聖蹟桜ヶ丘、高尾、橋本で、受取可能時間は6時から24時まで(笹塚駅のみ24時間受取可)。ロッカーに届けた日の翌々日24時まで有効です。

 京王電鉄の駅では、啓文堂書店のウェブサイトで注文した書籍を当日中に駅コインロッカー(11駅)で受け取れる「当日受取りサービス」を2017年5月から、DHLジャパンの国際宅配便を受け取れるサービスを同年12月からそれぞれ開始しています。

 京王電鉄は今回導入する荷物の受け取りサービスについて、「サービス提供時間内(原則6時~24時)であれば、お客様のご都合の良い時間や、配達時間外の夜間から深夜にかけた帰宅途中などにも気軽に受け取ることができます」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. とはいえ宅配料金の他に駅のロッカー台を数百円とられてはたまらないなあ