クルマのガラスコート「撥水」「親水」どう選ぶ 第三の選択肢「滑水」も

クルマのフロントガラスやミラー類に施工するガラスコート剤には大きくわけて、「撥水」と「親水」の2タイプがあります。それぞれメリット・デメリットがありますが、近年は新しく「滑水」タイプも登場。どう選べばよいのでしょうか。

「撥水」はフロントガラス、「親水」はサイドミラーなどに

 車のフロントガラスやミラー類のコーティング剤には、大きくわけて「撥水」と「親水」の2タイプがあります。

Large 180628 glasscoat 01
雨で視界が悪くなったフロントガラスのイメージ(画像:Chidchanok Rittichaisamran/123RF)。

 それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか。カー用品メーカーのカーメイト(東京都豊島区)に聞きました。

――それぞれどう違うのでしょうか?

 撥水剤は雨粒を水玉にし、ガラスとの接点を減らすことにより転がりやすくします。ガラスコート剤市場においてもこのタイプがメインでしょう。一方、親水剤は雨粒を水膜にすることにより、ガラスへ均一な膜を貼らせます。

――どう選べばよいのでしょうか?

 撥水コートをしたガラスでは、水玉が風圧を受けるときれいに飛んでいきますので、おもに風の影響を受けやすいフロントガラスにおすすめです。一方で親水剤は、水膜越しに対象物を見ることになりますので、多少は像が歪むものの、雨が付着している状態よりは見やすくなるというものです。風の影響を受けにくいサイドミラーやサイドガラス、リアガラスなどに向いています。

※ ※ ※

 風圧を受けると雨が飛んでいく撥水剤、水がべたっと広がり膜をつくる親水剤ですが、裏を返せば、撥水剤は風がなければ雨が飛ばず、親水剤は風の影響を受けると像が歪みやすくなるというデメリットもあるようです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180628 glasscoat 03
  • Thumbnail 180628 glasscoat 01
  • Thumbnail 180628 glasscoat 02

関連記事

最新記事

コメント