東海道・山陽・九州新幹線に共通の無料Wi-Fiサービス 7月25日スタート

JR東海、JR西日本、JR九州が、東海道・山陽・九州新幹線で3社共通の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」を導入します。

2020年3月までに全車両に導入

 JR東海とJR西日本、JR九州は2018年6月29日(金)、東海道・山陽・九州新幹線で、3社共通の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」を提供すると発表しました。

Large 180629 shinkansenwifi 01
車内に掲出する「Shinkansen Free Wi-Fi」ステッカーのイメージ(画像:JR西日本)。

 このサービスは7月25日(水)以降、整備が完了した新幹線車両から順次開始し、2020年3月までに東海道・山陽・九州新幹線の全車両に導入される計画です。

 サービス中の車両には「Shinkansen Free Wi-Fi」のステッカーが掲出されます。東海道新幹線では、利用できる車両が運行当日にJR東海のウェブサイトで確認できます。

 SSIDは「Shinkansen_Free_Wi-Fi」です。メールアドレスを登録するか、SNSを使った認証をすれば、誰でも無料で利用できます。また、大規模災害時には登録なしで誰でも利用できます。

 なお、このサービスは携帯電話の電波を使用していることから、電波の状況によっては利用できない場合があるといいます。特に九州新幹線・新八代~鹿児島中央間のトンネル内などでは現在のところ利用できません。

 通信容量の関係から、端末のOSアップデートやアプリケーションのダウンロードなども制限される場合があります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180629 shinkansenwifi 02
  • Thumbnail 180629 shinkansenwifi 01

関連記事

最新記事

コメント