空自OB語る「被災時上空から気づかれるコツ」 アニメ『よみがえる空』イベント盛況(写真11枚)

2006年放映のアニメが、12年の時を経てブルーレイBOX化、しかも関係者が集まりトークイベント開催という、ファンにとっては奇跡のような展開でしょう。アニメ『よみがえる空』発売記念イベント、大盛況でした。

「よみがえる空」が描く 航空自衛隊の救難部隊

 2018年7月14日(土)、都内でアニメ『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』のブルーレイBOX発売記念イベントが開催されました。

Large 180718 yomisora 01
2006年のテレビ放映から12年を経てブルーレイBOXの発売が決まったアニメ『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』(画像:バンダイナムコアーツ)。

 航空自衛隊には、航空機事故や大規模災害、さらには遭難などさまざまな事態に際して捜索救難を行う「航空救難団」という専門部隊が存在します。「よみ空」の通称で知られるアニメ『よみがえる空』は、そんな救難団に属する部隊のひとつである、石川県の航空自衛隊小松基地に所在する「小松救難隊」で、戦闘機パイロットを目指しながらも念願かなわず救難ヘリコプターUH-60Jのパイロットとなった主人公の内田一宏(CV:宮崎一成)が、さまざまな経験を通して成長していく姿が描かれるリアリスティックレスキュードラマです。アニメ自体の放送は2006(平成18)年でしたが、2018年11月22日に本作のブルーレイBOXが発売されることとなりました。

Large 180718 yomisora 02 Large 180718 yomisora 03 Large 180718 yomisora 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

アニメ『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』より(画像:バンダイナムコアーツ)。

 イベントではトークパートが二部構成になっていて、パート1は制作に携わったスタッフによるトーク、パート2では元航空自衛隊救難隊員の方々を交えたトークとなっていました。パート1では、プロデューサーの杉山潔さん、制作プロデューサーの松倉友二さん、CGを担当した松浦裕暁さんと河野達也さん、プロモデラーの二宮茂幸さんが、制作の裏話なども交えながら本作についての想いを語りました。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180718 yomisora 08
  • Thumbnail 180718 yomisora 09
  • Thumbnail 180718 yomisora 10
  • Thumbnail 180718 yomisora 11
  • Thumbnail 180718 yomisora 01
  • Thumbnail 180718 yomisora 02
  • Thumbnail 180718 yomisora 03
  • Thumbnail 180718 yomisora 04
  • Thumbnail 180718 yomisora 05
  • Thumbnail 180718 yomisora 06
  • Thumbnail 180718 yomisora 07

最新記事

コメント