ホノルル、ワイキキはハワイ島? 「ハワイ」の誤解 「ジャンボ機で免税品」に変化も

JALが直行便を飛ばしているハワイの島が、ある「誤解」による影響を受けています。また、「日本人」と「ハワイ」の関係には長い歴史がありますが、近年、変わりつつあるようです。

カメハメハ大王が生まれた島

「ハワイ」というと、アメリカ合衆国ハワイ州の州都で日本からの直行便も多いホノルル、その市内にあるワイキキビーチなどが連想されやすいかもしれません。

 ただそのホノルルは、ハワイ諸島の島に存在しますが、その島の名前は「オアフ島」。「ハワイ島」ではありません。現地の観光関係者によると、ハワイに来た日本人観光客のなかに、「ホノルルはハワイ島にある」と思っている人もいるそうです。

Large 180829 hawaii 01

拡大画像

ハワイ島の北西部に位置するアナエホオマルビーチ(2018年8月、恵 知仁撮影)。

「ハワイ島」は、ホノルルから南東へ250kmほど離れた場所に存在。ハワイ諸島を構成するおもな8つの島のうち最も面積が広く、「Big Island(ビッグアイランド)」の愛称を持ちます。

 このハワイ島は、日本のすばる望遠鏡も設置されるなど星空観測に適しているハワイ最高峰のマウナケア(標高4205m)や、11種類もある気候帯、そして全米ベストに選ばれたこともあるビーチ、世界遺産のハワイ火山国立公園など、「豊かな自然」が大きな特徴です。ハワイ諸島を初めて統一したカメハメハ大王が生まれた島でもあります。

Large 180829 hawaii 02 Large 180829 hawaii 03 Large 180829 hawaii 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

ハワイ島のプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園。王族にゆかりがある土地で、かつて掟を破った人たちが逃れる「駆け込み寺」のような場所でもあった。
ハワイ島西部にあるカイルア・コナの街。海沿いにレストラン、マーケットなどが並び、商業や観光で賑わう。写真奥はモクアイカウア教会。
ハワイ料理の「ポケ」。日本のヅケに近い。英語風に「ポキ」と呼ばれることも。

 ハワイ州観光局によると、2017年9月にJAL(日本航空)が成田空港とハワイ島のコナ国際空港を結ぶ直行便の運航を再開したこともあり、日本からハワイ島への渡航者数は増えているとのこと。しかし現在、ある「ハワイ島に関する誤解」が問題になっているそうです。

この記事の画像をもっと見る(13枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180829 hawaii 01
  • Thumbnail 180829 hawaii 02
  • Thumbnail 180829 hawaii 03
  • Thumbnail 180829 hawaii 04
  • Thumbnail 180829 hawaii 05
  • Thumbnail 180829 hawaii 06
  • Thumbnail 180829 hawaii 07
  • Thumbnail 180829 hawaii 08
  • Thumbnail 180829 hawaii 09
  • Thumbnail 180829 hawaii 10
  • Thumbnail 180829 hawaii 11
  • Thumbnail 180829 hawaii 12
  • Thumbnail 180829 hawaii 13

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. キラウエアの溶岩といえば、粘性が高いので喫煙の許容度が高い時代は「ほら、タバコに火がつけられるんですよ」って感じでTV中継があったくらいだし、溶岩が(流れるんじゃなく)動くのを観察するのが有名なのに……。現在はホントに情報化時代なのか?

    • 粘度については逆でキラウエアの溶岩の粘土は低いはずですよ