新幹線の試験車両E956形「ALFA-X」鼻はさらに長く JR東日本がデザイン発表(画像12枚)

JR東日本が新幹線の試験車両E956形「ALFA-X」のデザインと開発状況を発表。2種類ある先頭車のうち一方は、ノーズ部分が約22mにもおよびます。

先頭車は前と後ろで形状が別

 JR東日本は2018年10月3日(水)、新幹線の試験車両E956形「ALFA-X(アルファエックス)」について、デザインと開発状況を発表しました。

Large 181003 jrealfax 01
1号車(東京寄り)の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 同社は、次世代新幹線の開発を進めるための試験プラットフォームとして、「ALFA-X」の設計・製作を進めています。愛称は「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation」(最先端の実験を行うための先進的な試験室(車))を略したもので、電車10両編成の試験車両は2019年5月に落成予定です。

 外観は、先頭の1号車(東京寄り)と10号車(新青森寄り)で別の形状とし、トンネル突入時の圧力波を抑制する研究を進めます。

 1号車は、「はやぶさ」などに使っているE5系とほぼ同じ先頭長(約16m)としながらも、圧力波の抑制と室内空間の確保の両立を目指します。先頭部の形状は「削(そ)ぎ」「畝(うね)り」「拡(ひろ)がり」といった風の流れによって作られる要素を取り込んでいるといいます。

Large 181003 jrealfax 02 Large 181003 jrealfax 03 Large 181003 jrealfax 04
1号車(東京寄り)の外観イメージ(画像:JR東日本)。
10号車(新青森寄り)の外観イメージ(画像:JR東日本)。
10号車(新青森寄り)の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 10号車は先頭長を従来よりさらに長くして約22mに。台車部を覆うせり出した造形と運転士を包み込む造形、後方に向けて滑らかにつなぐ造形で構成し、圧力波を抑えて環境性能を追求します。

 カラーリングは、明るいメタリックをベースとし、「自然と、都市間における人々の活発な行き交いを表した爽快感のあるグリーン」(JR東日本)の帯を配置。さらに、この「ALFA-X」によって人々の情報が、より親密に行き交う様をクロス状の側帯(がわおび)で表すといいます。

この記事の画像をもっと見る(12枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181003 jrealfax 05
  • Thumbnail 181003 jrealfax 12
  • Thumbnail 181003 jrealfax 01
  • Thumbnail 181003 jrealfax 02
  • Thumbnail 181003 jrealfax 03
  • Thumbnail 181003 jrealfax 04
  • Thumbnail 181003 jrealfax 06
  • Thumbnail 181003 jrealfax 07
  • Thumbnail 181003 jrealfax 08
  • Thumbnail 181003 jrealfax 09
  • Thumbnail 181003 jrealfax 10
  • Thumbnail 181003 jrealfax 11

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. しっかし先頭車の客席数がますます少なくなるなあ

    • 先頭車をTGVみたく機関車にして集中電源方式にしたらいいんだよ(暴言)
      なお騒音問題やら路盤のことを考えると分散電源方式(従来)の方が良いという……。

    • 機関車にしろ? 先頭車の客席無くしてどうする。

      あと、「電源」じゃなくて「動力集中」「動力分散」ね。