銀座線の青山一丁目駅と外苑前駅をリニューアル 「優雅さ」「爽やかさ」を演出

東京メトロ銀座線の青山一丁目駅と外苑前駅のリニューアル工事が始まります。デザインは両駅それぞれの個性や特徴が表現されます。

「優雅な街並み」「スポーツの杜」コンセプトに

 東京メトロは2018年10月3日(水)、銀座線の青山一丁目駅と外苑前駅(いずれも東京都港区)のリニューアルデザインを発表しました。

Large 181004 tometroaoyamagaien 01
青山一丁目駅ホームのイメージ。床はタイルの組み合わせで石畳を表現、柱は桜の木肌を模したつやのあるデザインに(画像:東京メトロ)。

 同社は銀座線全駅のリニューアルを進めています。青山一丁目駅と外苑前駅は、2016年9月から2017年2月にかけて実施したデザインコンペの入賞作品などを参考に、それぞれの駅の個性や特徴を表現したデザインに決定したといいます。

 青山一丁目駅のデザインコンセプトは「優雅な街並み」です。青山霊園の桜並木や気品のある街並みをモチーフとしたデザインを取り入れることで、優雅さが感じられる空間を演出するとしています。

Large 181004 tometroaoyamagaien 02 Large 181004 tometroaoyamagaien 03 Large 181004 tometroaoyamagaien 04

拡大画像

青山一丁目駅の北青山方面改札のイメージ(画像:東京メトロ)。
外苑前駅ホームのイメージ(画像:東京メトロ)。
外苑前駅の神宮球場方面改札のイメージ(画像:東京メトロ)。

 外苑前駅のデザインコンセプトは「スポーツの杜」です。神宮球場や秩父宮ラグビー場といったスポーツ施設やいちょう並木が近隣にあることから、「神宮外苑に集う人々の中に、爽やかさを感じる」デザインを駅全体に取り入れます。

 リニューアル工事は両駅とも2018年10月から順次着手し、2020年度に完了する予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント