新快速に有料座席「Aシート」導入 コンセント、無料Wi-Fi、テーブル付き JR西日本

JR西日本が、京阪神を走る新快速の一部に「Aシート」を導入。快適性を高めた有料座席です。

2019年春運行開始

 JR西日本は2018年10月24日(水)、新快速の一部に有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表しました。

Large 181024 jrwaseat 01
「Aシート」が設定される新快速用223系1000番台の9号車の外観イメージ(画像:JR西日本)。

 琵琶湖線、JR京都線、JR神戸線(北陸本線、東海道本線、山陽本線)を走る新快速が対象。12両編成のうち1両(9号車)に快適性を高めた有料座席が設けられます。

 内装は落ち着きのある空間に変更。座席はリクライニング機能やテーブルが付いたタイプに変わるほか、JR西日本の在来線普通車では初という電源コンセントも全席に付きます。また、無料Wi-Fiや荷物スペースも導入されます。

 着席料金は500円、着席定員は46人です。利用する際は、空いている席に座り、乗務員から現金や交通系ICカードで乗車整理券を購入します。

Large 181024 jrwaseat 02 Large 181024 jrwaseat 03 Large 181024 jrwaseat 04
「Aシート」内装イメージ(画像:JR西日本)。
「Aシート」ロゴ(画像:JR西日本)。

 車両は223系1000番台の2編成(2両)を改造。2019年春から1日あたり上下4本が運行される計画です。

 JR西日本は「近畿エリアの基軸列車である新快速に『快適性』を加え、多様なお客様のニーズにお応えすることで、『住みたい、行きたい』沿線づくりを目指してまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181024 jrwaseat 05
  • Thumbnail 181024 jrwaseat 01
  • Thumbnail 181024 jrwaseat 02
  • Thumbnail 181024 jrwaseat 03
  • Thumbnail 181024 jrwaseat 04

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 新快速にリクライニング
    たまらぬ
    しかし上手くいくものか

  2. これで上手く行くとは言えない。
    ただ、これがもし成功したら東のグリーン自由席を廃止してeシートにして欲しい。
    グリーンよりはAシートの方が快適だと思うな。

  3. 車掌の配置を“中乗り”に改めるか、アテンダントを添乗させるか、どちらかにはなるだろう。
    東の中電グリーンも状況によっては指定席化されるかな?

  4. 北のUシートにも思うんだけど、こういうの「グリーン車」名乗っちゃえばいいのに、って気がする。

  5. 新快速に乗る客が日に日に増えているということもあるので、これは多分いけると思いますけどね
    現に賛否両論あった京阪のプレミアムカーはうまくいってる訳ですし

  6. 確かにリクライニングとか魅力的だけど、現車両の1両が有料に変わるってこと?
    だとしたら、今でも場所によってはギューギューなのに、有料にしたくない人が乗る車両はもっとギューギューだよね?

  7. JR東の在来線鈍行グリーン車料金500円にしてほしいわ