オープンカーで早春の南房総をドライブ! 期間限定、特別価格で貸出

JR東日本千葉支社とJR東日本レンタリースが、レンタカーにオープンカーのマツダ「ロードスター」を導入。期間限定、特別価格で貸し出します。

マツダ「ロードスター」を2台用意

 JR東日本千葉支社とJR東日本レンタリースは2018年10月26日(金)、春の房総観光シーズンにあわせて「駅レンタカー」にオープンカーを導入する「オープンカーde体感!! 南房総ドライブ」を実施すると発表しました。

Large 181026 jreopencar 01
レンタカーに採用されるマツダ「ロードスター」のイメージ(画像:マツダ、JR東日本千葉支社)。

 地域の魅力向上と地域ブランドの発掘を行う「コトづくり」の一環として実施。オープンカーを特別価格で貸し出して二次交通の拡充を図り、鉄道利用の促進と南房総エリアの観光流動の活性化を目指すといいます。

 実施期間は12月1日(土)から2019年3月31日(日)までです。JR内房線の館山駅西口にある「駅レンタカー」館山営業所で、マツダ「ロードスターS スペシャルパッケージ」(AT車)のソウルレッドクリスタルメタリックが2台用意されます。

 利用料金(免責補償料含む、消費税込み)は、3時間4860円、1暦日9720円です。予約は電話かJR東日本レンタリースウェブサイト(暦日のみ)で可能。11月1日(木)午前10時から予約受付が始まります。

 両社は2018年6月30日から7月8日までの期間、駅レンタカー館山営業所で「ロードスター」を使ってモニター調査を実施。今後の宣伝展開や本実施時の稼働率などを把握するためのプレレンタル(試乗)を行っていました。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント