駅ナカに「仕事場」実証実験 3駅にブース形シェアオフィス設置 JR東日本

JR東日本が駅ナカなどでのシェアオフィスの事業展開に向けて実証実験へ。東京のターミナル3駅に机、いす、電源、無料Wi-Fiなどを備えたブースを設置します。

東京駅、新宿駅、品川駅で実施

 JR東日本は2018年11月6日(火)、東京のターミナル3駅で、ブース型シェアオフィスの実証実験を行うと発表しました。

Large 181106 jreshareoffice 01  1
駅ナカに設置するブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 同社は働き方改革、生産性向上のサポートなどを目的として、利便性が高く、移動時間のロスが少ない駅ナカなどで、シェアオフィス「STATION WORK」の事業展開を検討しています。

「STATION WORK」はブース型「STATION BOOTH」、コワーキング型「STATION DESK」、個室型「STATION OFFICE」の3種類で、今回はこのうちブイキュープと開発したブース型「STATION BOOTH」について、2019年度上期の事業展開を見据え、実証実験が行われます。

 実施期間は11月28日(水)から2019年2月20日(水)まで。ブースの設置場所は東京駅の横須賀線・総武線乗り場地下4階コンコース、新宿駅の甲州街道改札付近、品川駅の「エキュート品川」付近です。

 約1.2m四方(東京駅は約1.1m四方)のブースには、机、いす、照明、無料Wi-Fi、電源、USBポート、暖房、モニターなどが備わっています。個人および法人を対象に、15分または30分の予約制で利用を事前に受け付けます。予約は11月19日(月)午前10時から。また、実証実験での利用料は無料です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 地方の話ですが
    地方の無人駅 駅舎 も商店等の賃貸だけでなく、 事務所 関係の不動産賃貸として活用するのもいいかもしれませんね。
    郵便局やその他公共施設と駅を合体させるのも良いし。

    地方の中心都市駅 でも「ビジネス」向けの賃貸事業が出来るといいですね。