新大阪~奈良間に「直通快速」 おおさか東線「北区間」開業後の運行体系が決定

おおさか東線の全線開業後の運行体系が決まりました。新大阪~奈良間を結ぶ直通快速が走ります。

尼崎~放出間の直通快速運行は終了

 JR西日本は2018年11月13日(火)、おおさか東線の全線開業後の運行体系を発表しました。

Large 01 img 2885

拡大画像

おおさか東線「北区間」の線路。新大阪方面に伸びる線路につながっている(2018年11月13日、草町義和撮影)。

 おおさか東線は、新大阪~鴫野~放出~久宝寺間の20.3kmを結ぶJR西日本の新線です。路線の大半は貨物線を活用、再整備して旅客列車を走らせます。2008(平成20)年3月に南側の放出~久宝寺間の9.2kmが開業。残る「北区間」こと新大阪~放出間11.1kmが2019年春の開業を目指して工事が終盤に近づいています。

 全線開業後のおおさか東線は、新大阪~奈良間をおおさか東線経由で結ぶ快速タイプの「直通快速」と、新大阪~久宝寺間の各駅に停車する「普通列車」が運行されます。これに伴い、直通快速は尼崎~放出間での運転を取りやめます。

 直通快速は新大阪~奈良間をおおむね60分で結び、おおさか東線内では放出、高井田中央、JR河内永和の各駅に停車。このうち高井田中央駅とJR河内永和駅は新たに停車します。平日は朝の奈良発4本と夕方の新大阪発4本が運行され、土曜・休日は朝に上下各2本、夕方にも上下各2本運行されます。車両は207系電車か321系電車の7両編成です。

 普通列車は新大阪~久宝寺間で134本(平日上下の合計)を運行。早朝と深夜を除き、1時間あたり上下各4本が運行されます。所要時間は新大阪~久宝寺間がおおむね35分で、このうち新たに開業する新大阪~放出間はおおむね20分になります。

 JR西日本はおおさか東線の全線開業により、大阪東部エリアのアクセスが向上するほか、奈良県の観光が便利になるとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 02 img 2737
  • Thumbnail 01 img 2885

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 運行は勝手だけど、快速は30分か1時間間隔で事足りると思う。

  2. 永和とめれるなら俊徳も止めてえや
    大阪線の乗車率も凄えって
    相互に準急・急行、直快相談してくれたら良かったのに

    • 高井田中央とJR河内永和の2駅がおおさか東線の中で頭一つ抜けて乗車人員(大阪府の2016年度統計年鑑より)が多いと言う事実が追加停車駅になった理由に過ぎないのではありませんか?

    • おおさか東線の直通快速がたったこれだけの本数なのは、基本的に郊外地域のみ結ぶ幹線系に相当する大和路線・学研都市線の駅でもある久宝寺や放出を除く各駅がだいたい1万人以下で数千人程度で推移することを最初から織り込んでいるからと言うことでしょう。

      それは、先に開業した第一期区間と同じく各駅の設備を都市近郊の駅として必要最低限に留めているところを見ても明らかで、リリースで出されているもの以上は出ないと見て良いでしょう。

  3. 今の片町東西乗入れの直快をそのまま移行するだけなのね、基本各停メインと。
    四条畷方面からの直通期待したんだけどなー、残念。