日本唯一、3か国間の国際フェリー 乗船時から「異国感」、海まで凍るウラジオストクへ

ロシア極東のウラジオストクには飛行機で行くのが一般的ですが、鳥取県から韓国経由でフェリーも運航されています。日・韓・露の3か国にまたがる唯一の航路は、韓国の会社が運航。冬には海の絶景も楽しめます。

境港~東海~ウラジオストクの3港を結ぶ

 日本と外国を結ぶ国際航路は数少なく、現在は韓国、中国、ロシアとのあいだで数路線が就航しています。このうち、日本から同じ船で2か国に行けるものが、ひとつだけ存在。鳥取県の境港と韓国の都市・東海(トンヘ)、そしてロシアのウラジオストクを結ぶ航路です。

Large 181129 vladivostok 01

拡大画像

韓国の東海に寄港中の「イースタンドリーム号」。乗客は韓国人が多数を占めるため、ほとんどがここで下船する(高山和佳撮影)。

 同航路は韓国の船会社であるDBSクルーズフェリーが2009(平成21)年に運航を開始。就航している「イースタンドリーム号」は、もともと日本のマリックスラインが鹿児島~奄美~那覇航路で「クイーンコーラル」として運航していたフェリーです。引退後にDBSクルーズフェリーが購入し、改修のうえ就航させました。

 運航は基本的に週1往復。往路は境港を土曜の19時に出港し、日曜の9時30分に東海へ到着。同日14時に東海を出港し、月曜の14時、ウラジオストクへ到着します。ただしこれは2018年11月25日から2019年2月末までの冬季スケジュールです。

 境港~ウラジオストクの片道運賃は、最も安いエコノミークラスで2万6000円(燃油サーチャージ別)。成田空港や関西空港から出ている飛行機の直行便より安く行ける場合もありますが、ウラジオストクまでは43時間、途中の東海で船外に出られるとはいえ40時間近くも船のなかです。それでもあえてこのフェリーに乗る人がいる理由は、船旅自体のおもしろさにあるかもしれません。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181129 vladivostok 03
  • Thumbnail 181129 vladivostok 04
  • Thumbnail 181129 vladivostok 05
  • Thumbnail 181129 vladivostok 06
  • Thumbnail 181129 vladivostok 07
  • Thumbnail 181129 vladivostok 01
  • Thumbnail 181129 vladivostok 02

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. あの…
    言ってはなんですが、韓国で改造のうえというのが、その…なんだ…

  2. 魔改造…されてないといいね
    樺太にはフェリーで行くのはありだけど、ウラジオストクは飛行機で行きたいかな…

  3. 前歴では鹿児島-奄美-沖縄航路という南国情緒がある航路運航していたのに
    現航路は冬季、海氷を割って航行する航路で運航中…いろいろ考えさせられる