日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ」に決定 銀座線と乗換駅に 東京メトロ

東京メトロ日比谷線に建設中の新駅、名称が「虎ノ門ヒルズ駅」に決まりました。

2020年に使用開始予定

 東京メトロは2018年12月5日(水)、日比谷線の霞ケ関~神谷町間で建設を進めている新駅の名称を「虎ノ門(とらのもん)ヒルズ」に決定したと発表しました。

Large 181205 toranomon 01
霞ケ関~神谷町駅間に誕生する虎ノ門ヒルズ駅(画像:東京メトロ)。

 同駅は東京都港区虎ノ門一丁目の国道1号 桜田通りの地下に設置されます。東京メトロによると新駅は、周辺再開発事業で整備される「虎ノ門ヒルズステーションタワー」(仮称)などとつながることも踏まえ、「より明確でわかりやすく」「まちと一体となった新たな駅」にふさわしい名称として「虎ノ門ヒルズ駅」にしたといいます。

 2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催される前に使用を開始し、2022年度には最終的に完成する予定です。

 虎ノ門ヒルズ駅の駅ナンバリングは「H-06」とされます。駅の開業により、霞ケ関駅から北千住方面の駅ナンバリングが変更されます。

 また、虎ノ門ヒルズ駅は、銀座線の虎ノ門駅と乗換駅になります。最終完成時には、虎ノ門駅とは約435m、徒歩約7分で連絡。地下通路で結ばれる計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181205 toranomon 02
  • Thumbnail 181205 toranomon 01
  • Thumbnail 181205 tmtoranomon 03
  • Thumbnail 181205 tmtoranomon 04

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. またカタカナ駅名。