意外と身近な不発弾、実際どう処理? 危険手当1万400円、自衛隊不発弾処理隊の戦い(写真11枚)

【写真】避難半径は数百メートル、1t爆弾の不発弾

Large 181118 bomb 11

拡大画像

米国製1t爆弾の処理が終わり回収する、不発弾処理隊の隊員たち(画像:陸上自衛隊)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(11枚)

Writer: 武若雅哉(軍事フォトライター)

2003年陸上自衛隊入隊。約10年間勤務した後にフリーフォトライターとなる。現場取材に力を入れており、自衛官たちの様々な表情を記録し続けている。「SATマガジン」(SATマガジン編集部)や「JWings」(イカロス出版)、「パンツァー」(アルゴノート)などに寄稿。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 2009/1/14の爆破事故の事でしょうか?