JR線直通用の新型12000系、相鉄の車両センターに到着 「そうにゃん」が乗車(写真10枚)

相模鉄道の新型12000系電車が総合車両製作所の工場を出発し、かしわ台車両センターに到着しました。

営業運転開始は2019年春を予定

 相模鉄道は2018年12月21日(金)、新型12000系電車の第1編成が、かしわ台駅構内のかしわ台車両センター(神奈川県海老名市)に到着したと発表しました。

Large 181221 sotetsu12000 01
総合車両製作所の工場を出発した12000系電車(画像:相模鉄道)。

 今回の編成は鉄道車両メーカーである総合車両製作所で製造。18日(火)に横浜市金沢区内の工場を出発し、ディーゼル機関車に牽引(けんいん)されながらJR根岸線、東海道貨物線、相模線などを経由。厚木操車場からは相模鉄道のモヤ700系(事業用車両)に牽引され、かしわ台車両センターまで輸送されました。

 12000系は2019年春に営業運転を始める予定です。2019年度末までには全6編成(60両)が導入されます。2019年度下期に相鉄新横浜線の西谷~羽沢横浜国大間(相鉄・JR直通線)が開業したあとは、おもにJR線への直通列車として使用される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 02
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 03
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 04
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 05
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 06
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 07
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 08
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 09
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 10
  • Thumbnail 181221 sotetsu12000 01

最新記事

コメント