JRおおさか東線、全通遅れたワケ 着工20年、用地買収の難航だけじゃなかった(写真85枚)

JRおおさか東線が、ついに全線開業を迎えます。この路線が着工されたのは1999年。それから全通まで約20年を要しましたが、開業にこぎつけるまで様々な課題がありました。

着工から開業まで20年

 ついに完成の日を迎えることになりました。2019年3月16日(土)のJRダイヤ改正にあわせ、JR西日本のおおさか東線が全線開業します。

Large 181228 osakaeast 01

拡大画像

梅田貨物線(右奥)に合流する、おおさか東線(手前)の線路(2018年11月、草町義和撮影)。

 おおさか東線は、新大阪駅から学研都市線(片町線)の鴫野(しぎの)、放出(はなてん)両駅を経て大和路線(関西本線)の久宝寺駅(大阪府八尾市)までを結ぶ、全長20.3kmの鉄道路線です。東海道・山陽新幹線のターミナルと大阪東部の郊外エリアが直結するとともに、奈良方面から新大阪駅へのアクセスも改善されます。

 ルートの大半は、戦前に開業した貨物線(城東貨物線)を改良して旅客列車を走らせるもの。ただし南吹田駅(大阪府吹田市)とその前後の区間は、新たに線路が整備されました。なお、南側の放出~久宝寺間(南区間)は2008(平成20)年3月に先行開業しています。

 厳密には新線ではなく、すでにある線路を活用するプロジェクトですから、時間をかけずに整備できそうに思えます。ところが、工事が始まったのは1999(平成11)年。全線開業まで約20年を要したことになります。

 着工時には2006(平成18)年春の開業を目指していましたが、工事は順調には進みませんでした。既設の貨物線を活用するとはいえ、それでも駅の新設などで新たに建設用地を確保する必要があり、用地買収の交渉に時間がかかったのです。

 用地買収の難航で鉄道や道路、空港などのインフラ整備が予定より遅れることは、それほど珍しいことではありません。しかし、おおさか東線は用地だけでなく、北側の新大阪~放出間(北区間)に「開かずの踏切」も抱えていました。

この記事の画像をもっと見る(85枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to てってって Cancel reply

1件のコメント

  1. 北梅田駅(仮称)って、「梅田貨物線」ではなくて「なにわ筋線」として開通するんじゃないの?
    それに、新大阪を介して「なにわ筋線」と「おおさか東線」が直通運転って可能性も需要もあるのだろうか。。。