韓国艦のレーダー照射、本当に海自P-1哨戒機は「脅威」だったのか? 検証する

【写真】飛行甲板の様子も丸見え、中国海軍空母「遼寧」

Large 190107 p1 04

拡大画像

海上自衛隊哨戒機によって撮影された中国海軍空母「遼寧」。洋上の監視は世界中の哨戒機で行っており、中国も抗議していない(画像:防衛省)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190107 p1 04
  • Thumbnail 190107 p1 01
  • Thumbnail 190107 p1 02
  • Thumbnail 190107 p1 03

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. よく分かりました。ありがとうございます。

    • ほんとに。他の人の記事では韓国軍機の例が書いてなかったのに比べると、ほんとによく分かった。

  2. 根本的に公海ではなく、日本のEEZ内だったという事を、
    日本政府はもっと言うべき。
    通過は許されるがその他の行為は許されないはず。

  3. >10cm先にある7.3mmの物体と同じ大きさに見えます。
    印象操作と取られかねないんで普通に7.3cmで良かったのでは?

  4. 文中に「これは通常、水平方向の距離を表しますから、直線距離は522mと算出できます(底辺500m、高さ150mの直角三角形の斜辺)。」と書いてあるが、三角関数は絶体必要な知識なのか?

    • 三角関数要らんし。「(一辺の二乗+もう一辺の二乗)の平方根」で算出できる。算数(か中学校の数学か)で習ったはず。

      √(500^2+150^2)=522.015

  5. 韓国の船と北朝鮮の船がそこで何をしていたか、その辺は有耶無耶のまま、話題がどんどんそれていく・・・