「いずも」空母化の死角は「人」か F-35B戦闘機の艦上運用、必要増員は200名規模!

海自ヘリコプター搭載護衛艦いずも型の、事実上の空母化が発表されました。改修や載せる戦闘機も必要ですが、実際の運用にはなにより、人員の増員が必要です。実はこれが、最も大きな課題かもしれません。

「いずも」空母化、必要なのは「改修」や「戦闘機」だけじゃない

 2018年12月18日(火)、政府は2019年度以降における「防衛計画の大綱」および「中期防衛力整備計画」を発表しました。計画には、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦いずも型(「いずも」「かが」)に対し、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)戦闘機の運用能力を付加する改修を行うことが明記され、また同時にSTOVL戦闘機F-35Bを18機導入する方針が定められました。

Large 181220 izumo 01

拡大画像

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(2018年11月21日、乗りものニュース編集部撮影)。

 また、これと前後して全国紙などが報じたところによると、F-35Bは将来的に最大42機を導入する可能性があり、また1隻のいずも型に対して8機のF-35Bを搭載見込みであるとされます。現在、海上自衛隊はヘリコプター搭載護衛艦専属の航空部隊を持っておらず、陸上飛行場に配備されたSH-60J/K「シーホーク」哨戒ヘリコプターを、必要に応じて護衛艦へ派遣する形で運用しており、F-35Bも同様、航空自衛隊に2個飛行隊を配備し、それぞれ交代しながら艦載されることになるのかもしれません。

 いずも型に対して、8機のF-35Bを艦載するための改修を施すこと自体は、それほど難しくはないでしょう。いずも型は、STOVL戦闘機を運用する諸外国の軽空母に比べても大型の部類に入るため、物理的には十分可能だと推測されます。しかしながらF-35Bを運用するには、ハードウェアよりもさらに難しいひとつの問題を解決しなくてはなりません。

 その難しい問題とは「人」です。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181220 izumo 04
  • Thumbnail 181220 izumo 01
  • Thumbnail 181220 izumo 02
  • Thumbnail 181220 izumo 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これだけ人が多く集まる船には独自の文化が生まれて来る筈
    軍事機密にならない範囲で発信して欲しい