関空連絡橋、新しい橋桁の設置が完了 3月中には片側2車線で復旧へ

完全復旧に向け工事が進んでいます。

Large 190214 kankubridge 01
架設された新しい橋桁(画像:NEXCO西日本)。

 NEXCO西日本は2019年2月14日(木)、修復工事を進めている関西空港連絡橋で、新しい橋桁2本の設置作業が完了したと発表しました。

 今後、舗装や照明設置などの工事が順調に進めば、3月中には対面通行規制が解除され、4車線(上下線2車線ずつ)の通行が可能になる見込みです。なおNEXCO西日本は、ゴールデンウィークまでを目標に、6車線で完全復旧できるよう作業を進めていくとしています。

 市街地と空港を結ぶ連絡橋は2018年9月、台風21号の強風であおられたタンカーが衝突し、橋桁が破損。現在は対面通行規制が行われています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント