『トップガン2』主役機か? F/A-18E/F「スーパーホーネット」がある意味最強のワケ

映画『トップガン2』の主役機がF/A-18E/F「スーパーホーネット」になりそうだということで様々な意見が噴出していますが、でもご安心ください、同機はある意味で「最強」です。そう言えてしまう理由を解説します。

トム・クルーズさん、次は「スーパーホーネット」搭乗か

 戦闘機映画の最高傑作として知られる『トップガン』の続編クランクインか――2018年5月31日、映画俳優のトム・クルーズさんは自身のTwitter公式アカウントにおいて、『トップガン2』の撮影が始まったことを示唆するツイートを行いました。詳細については明らかにされず、ただアメリカ海軍の艦上戦闘機F/A-18E/F「スーパーホーネット」と、旧作の主人公であるコールサイン「マーベリック」らしき人影の写真のみが掲載されました。

Large 180608 fa18ef 01

拡大画像

ニミッツ級原子力空母「ハリー・S・トルーマン」に着艦するF/A-18F「スーパーホーネット」(画像:アメリカ海軍)。

 旧作で「主役機」を務めた艦上戦闘機F-14「トムキャット」は、すでにアメリカ海軍から全機が退役済みであるため、どうやら今作ではF/A-18E/Fが代役を務めることになりそうです。

 ネットやメディアでは、伝説的な人気を誇るF-14に比べてF/A-18E/Fが見劣りするのではないか、いまさら旧型機を持ち出すのか、という懸念があるようで、さらにはアメリカ海軍をライバル視するアメリカ空軍までが「F-15の方が速い」というツイートを行うなど、はやくも様々な反響を呼んでいるようです。

 そうした少々ネガティブな意見も散見されますが、一方でF/A-18E/F「スーパーホーネット」は、ある意味において最強の艦上戦闘機だと言えます。なぜそう言い切れるのでしょうか。まずは「スーパーホーネット」についてよく言われる誤解から解いておきましょう。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180608 fa18ef 04
  • Thumbnail 180608 fa18ef 01
  • Thumbnail 180608 fa18ef 02
  • Thumbnail 180608 fa18ef 03

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 言わんとしていることはわかるけどスパホが今のNAVYにとって最適かどうかの話ではなく、映画としての見栄えはどうなの?って話なので内容の主旨そのものがかなりトンチンカン。

  2. EF64 1000番台とか、ED76 500番台みたいな大人の事情ですかw
    国鉄は労組対策だったけど。
    米軍だと、古くはF-86Dも議会対策だったようで。