経済効果は3億円以上! NEXCO東日本 各地のSA・PAがメニューコンテストに賭けるワケ

恒例となったNEXCO東管内のSA・PAがオリジナルメニューを競うコンテスト。料理人としての技術やセンスが問われるのはもちろんですが、結果がその後の売り上げに直結するなど、参加者たちが真剣に取り組む理由がそこにはありました。

東日本を代表する、121メニューの頂点に立ったのは…?

 2019年2月28日(木)、「平成30年度 NEXCO東日本 新メニューコンテスト」決勝大会が、東京都世田谷区の料理専門学校にて開催されました。

Large 190307 nex 01

拡大画像

NEXCO東 2019年のメニューコンテストグランプリは常磐道 友部SA(上り)「茨城にメロメロ~素晴らしき茨城の“食”に愛を込めて~」1200円なり(鈴木ケンイチ撮影)。

 これは、NEXCO東日本のSA・PAが参加する毎年恒例の料理コンテストで、例年、秋に新しいメニューが考案・発売され、利用者投票によるブロック予選と地区ブロック大会を勝ち抜いてきたメニューがグランプリを競います。審査委員長はテレビ番組への出演でも広く知られる陳 建一さんが務め、ほかの審査委員にもタレントが名を連ねるなど、たくさんの取材陣が詰めかける、非常に華やかなイベントです。

 今回は上述のように、NEXCO東日本管轄地域のSA・PAから121メニューが参戦。決勝には12メニューが進出し、取材陣の目の前で調理が行われました。そして栄えあるグランプリに選ばれたのは、茨城県笠間市の常磐自動車道 友部SA(上り)による「茨城にメロメロ~素晴らしき茨城の“食”に愛をこめて~」。昨年に続く連覇であり、通算4回目のグランプリ獲得となりました。

「今回はシードという扱いで、非常にプレッシャーが大きかったです。血圧が上がるほどです」とは、グランプリを獲得した友部SA(上り)の料理人による弁です。ちなみに同SAは毎回、コンテストのたびに新しいお皿を用意することで知られています。今回も1枚あたり1万円以上もする皿を、なんと50セットも購入したとか。それだけでも50万円以上も経費がかかっていることになります。それだけ、このコンテストにかける意気込みが強いのでしょう。

Large 190307 nex 02 Large 190307 nex 03 Large 190307 nex 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

審査委員長は「中華の鉄人」こと陳 健一さん。NEXCO東日本のSA・PAから121メニューがエントリーし、12メニューが決勝へ進んだ(鈴木ケンイチ撮影)。

 また今回、審査委員特別賞に選ばれた栃木県宇都宮市の、東北自動車道 上河内SA(上り)の料理人が、表彰式で涙ぐむシーンも見られました。うれし涙なのか、悔し涙なのかは判然としませんが、これも、コンテストにかける強い思いの表れでしょう。

 こうしたコンテストは東日本エリアだけではなく、NEXCO中日本エリアでも毎年開催され、同じように熱い戦いが繰り広げられているのです。

【写真】もはや「飯テロ」 準グランプリと審査員特別賞の4品

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190307 nex 07
  • Thumbnail 190307 nex 08
  • Thumbnail 190307 nex 09
  • Thumbnail 190307 nex 10
  • Thumbnail 190307 nex 01
  • Thumbnail 190307 nex 02
  • Thumbnail 190307 nex 03
  • Thumbnail 190307 nex 04
  • Thumbnail 190307 nex 05
  • Thumbnail 190307 nex 06

最新記事

コメント