名前は「ウエストエクスプレス銀河」 JR西日本の「新たな長距離列車」外観など決定

「銀河」の列車名が復活!

列車の設備愛称も決定

 JR西日本は2019年3月19日(火)、運行開始に向けて準備を進めている「新たな長距離列車」の名称が「WEST EXPRESS 銀河(ウエストエクスプレスぎんが)」に決定したと発表しました。

Large ginga 01

拡大画像

「WEST EXPRESS 銀河」のイメージ(画像:JR西日本)。

 由来について同社は、「『銀河』とは、広い宇宙に存在する様々な星の集まりを指します。この列車が運転する西日本エリアを宇宙に、各地の魅力的な地域を星になぞらえそれらの地域を結ぶ列車という意味を込めました」と説明しています。

 列車の設備愛称も以下のように命名されました。

・1号車 グリーン車指定席:ファーストシート
・2号車 普通車指定席(ノビノビ座席・女性席):クシェット(女性席)
・3号車 普通車指定席(コンパートメント):ファミリーキャビン/フリースペース:明星(みょうじょう)
・4号車 フリースペース:遊星(ゆうせい)
・5号車 普通車指定席(ノビノビ座席):クシェット
・6号車 グリーン個室:プレミアルーム/フリースペース:彗星(すいせい)

 3か所のフリースペースには、それぞれコンセプトが設けられます。3号車「明星」は、読書や語らいなど静かにゆったりと過ごすスペース、4号車「遊星」は夜間も明るくにぎやかに遊び、楽しめるスペース、6号車「彗星」は先頭の乗務員室横ならではの流れゆく風景を眺められるスペースです。

【画像】バラエティに富んだ「WEST EXPRESS 銀河」車内

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190319 ginga 02
  • Thumbnail 190319 ginga 03
  • Thumbnail ginga 11
  • Thumbnail ginga 12
  • Thumbnail ginga 13
  • Thumbnail ginga 14
  • Thumbnail ginga 15
  • Thumbnail ginga 16
  • Thumbnail ginga 17
  • Thumbnail ginga 18
  • Thumbnail ginga 19
  • Thumbnail ginga 20
  • Thumbnail ginga 21
  • Thumbnail ginga 22
  • Thumbnail ginga 23
  • Thumbnail ginga 24
  • Thumbnail ginga 25
  • Thumbnail ginga 26
  • Thumbnail ginga 27
  • Thumbnail ginga 28
  • Thumbnail ginga 29
  • Thumbnail 190319 ginga 01

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 何でいまさら国鉄時代のボロ車両を使うかね。
    やる気があるのかよく分からない。
    JR九州の改造車もしかり。

  2. 九州で隼の風?だったかなキハ40で特急料金だったかな?頭に浮かんだのが急行つやま、115系の急行かいじ、設備と所要時間の噛み合わない料金追加の列車、いろいろ思い出させてくれますねJR西は

  3. 西日本というか、関西らしい考え方ではあるかな。コンセプトが中途半端で、どこで使いたいのかいまいちわからない。大阪発でどこに出すのか?定期列車にしても、西日本管内だけでは限界。東京に出すのか?

  4. まっ、人によって考え方は違うけど僕はこの様に近郊型をリサイクル利用する(少々失礼な表現ですが)アイデアや方法は大賛成です。ある意味電車車両を大切にしている証拠の気がします。新型も大いに結構ですが、かつてのJR東海の「ユーロライナー」も12系客車改造車でしたしJR四国の「アイランドエクスプレス四国」(名前はこんなだったかな?)も50系客車改造車。元が117系電車車両でもたまには良いのではと思いませんか?でも希望としたらJR西以外にも運行経路を延伸してもらいたいと思うのは僕だけでしょうか?出来たら…定期列車にも…充当して欲しいです。そんな考え起こす人、僕以外にもいてもおかしくないですか?