プロが教える高速バス予約のコツ 連休でも座席ゲット! 予約サイトの仕組みと「狙い目」

【図】高速バス関連の予約サイトは3種類に大別

Large 190401 yoyaku 04

拡大画像

予約サイトには自社予約サイトと外部の予約サイトがある。比較サイトはバスの情報を提示し、様々なサイトに送客する(乗りものニュース編集部作成)。

この画像の記事を読む

テーマ特集「【高速バス特集】もっと格安・快適に移動したい! 高速バス予約のコツと乗車のポイントを徹底紹介」へ

この記事の画像をもっと見る(4枚)

Writer: 成定竜一(高速バスマーケティング研究所代表)

1972年兵庫県生まれ。早大商卒。楽天バスサービス取締役などを経て2011年、高速バスマーケティング研究所設立。全国のバス会社にコンサルティングを実施。国土交通省「バス事業のあり方検討会」委員など歴任。新聞、テレビなどでコメント多数。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. なるほど?と言うかやはりそうか
    サイトごとに席割があるとは思ってたが
    女性専用バス他に女性優先席と言うのをJRバスで見かけたがシステム上は専用と変わらんと聞いたのだが、批判を回避する為の緩めた表現なのだろうか?
    属性、しかも運行関係者の見た目だけの性別判断で切符すら売らない暴挙はどうかと思うが、1サイトの予約で満席で諦めていた自分には有り難い記事です。

  2. はかた号と、ドリームルリエ、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始で、100%とれる方法はないでしょうか、教えてください。

    • 2号車の続行も判断遅いからね、多少は溢れた積み残しなら続行を出さない公共性に欠ける謀が渦巻いてる業界だから実質は狭き門だね、物流に対して何重にも安全のバックアップがあるかのような事言っても大して貨物と変わらん扱いだしね。
      車両の導入経費が嵩むならそれなりの負担をお願いすりゃいいに最近は平日でも繁忙日並みに高い運賃の行程もあるし、いかに旅客事業認可をする当地の陸運局の旅客課が運行会社に運賃を丸投げしてろくに審査も監査もしてない証だよね。
      JRドリーム号のように一台の輸送力が減って高級座席に振って一人あたりの着席面積から二人以上の運賃を取ってしまおうなんて考えは戦略どころか利用者を侵略するような愚かな考えなんだよ
      できるならバスは避けたほうが無難かと思いますがね

  3. 業者丸投げの運賃カレンダー、基本運賃も表示しなくなったし特に運賃も安くないし、やはり国内二階建てバスの
    消滅の影響と28年排ガス規制の車両価格の値上げを分を乗客にオハチを廻してきたしね
    早期購入も会社自らが早い者勝ちみたいな言い回しで発売してるし、最近は首都圏と中部くらいなら新幹線とホテルでも出費抑えられるし、何だか特定の客だけ囲って大転けした老舗旅館みたいで嫌だな
    それと届け出済みとは言え繁忙期に自社の貸し切り仕様や提携会社の貸し切りとか平然と充当する辺りも乗り合い路線の解釈のねじ曲げの火種になりかねないし、何だか客捕り合戦も以前のツアー高速バスの二の舞のような気もするんだけどね

  4. 某社のシステムは欠陥システムで空席が有るのに
    予約が出来ない。乗らないから良いけど。

    皆さんは注意して下さい。

  5. ん~、片道予約より往復予約のほうが窓口は広いとか盲点だな
    まあ、バス会社なんて高価なシートを売りにして旧車のシート付け替えやら定員は同じでもピッチが変わるのに構造変更登録やってるの?みたいな更新車の勢いだからね
    女性専用なんて公共の乗り合い事業の認可の元には存在しないバスを運行して男性の利用できる機会を僅かでも削るような売名目的なバスに予約のコツも何もないとは思うけどね。
    空席や空車を男女で割り当てないなら事業主等の座席の取り置き操作と何ら変わらんし、予約が前提なら全ての利用者をイーブンの立場に置いて考えてもらいたいね。