小田急、新型の5000形電車を2019年度に導入 車内の「広さ」追求

小田急電鉄が、新型通勤車両の5000形電車を導入します。キーワードは「より広く、より快適に」。拡幅車体を採用するとともに、大型ガラスや天井埋め込み型LED照明の採用で開放感のある車内にします。

キーワードは「より広く、より快適に」

 小田急電鉄は2019年4月26日(金)、新型通勤車両の5000形電車を2019年度に導入すると発表しました。

 小田急での新型通勤車両の導入は12年ぶり。「より広く、より快適に」をキーワードに、車内空間の広さ、明るさ、安心感、優しさを追求したデザインにするといいます。

Large odakyu5000kei 01

拡大画像

5000形電車の外観イメージ(画像:小田急電鉄)。

 外観は先頭部を流線型とすることでスピード感を強調。ステンレスの車体に、アズールブルーとインペリアルブルーの帯を巻きます。

 混雑緩和を図るため、拡幅車体を採用して車内スペースを広く確保。さらに、室内は車両間の仕切り扉や荷棚に大型ガラスを用いて明るさと開放感のある空間とします。天井埋め込み型のLED照明を搭載し、天井部の閉塞感の緩和を図ります。

 小田急では初めて、車内防犯カメラを各車両に4台設置。また、各車両に、空気清浄機8台、車いすスペース1か所が設置されます。車両の異常な動きを検知した場合に、自動的に列車を緊急停止させることで、被害の拡大を防ぐ装置が搭載されます。

 5000形の製造会社は、川崎重工業と総合車両製作所です。2019年度中に10両編成1本、2020年度中に10両編成5本の計60両を導入予定。編成定員は、1528人(先頭車144人、中間車155人)です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail odakyu5000kei 02
  • Thumbnail odakyu5000kei 01

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. これを気に新百合ヶ丘から武蔵野南線への連絡新線を作って、武蔵野線との相互直通運転を行ってほしい。モノレール延伸と比べて多摩地区の南北交通の改善をより早く効果的に行えると思う。

  2. あれ?
    十両口オンリー?

    何を“餌食”にするのか・・・?

    • 我孫子まで来て欲しい

    • 〉我孫子まで来て欲しい

      拡幅車体ではムリかな。多分メトロに入れない。

    • 8000形はまだまだ車体的にも使い倒せるらしいし、1000形はそもそもステンレス車で問題なしで、かつ更新工事がモロに進行中・・・。
      強いて狙われるとすると・・・2000形?
      しかし、上記2形式に比べればまだまだ新しいし・・・。

      置き換え対象の目星がつかない・・・。