「路面電車の日」東京さくらトラム荒川車庫でイベント開催 とあらん登場、物品販売も

東京さくらトラム(都電荒川線)が「路面電車の日」を記念して、黄色い都電6000形や「とあらん」撮影会、車庫内見学を開催します。鉄道部品や限定グッズ販売のほか、遮断機の動作実演や保線業務体験も行われる予定です。

「とあらん」登場、車庫内見学や保線業務模擬体験も

 東京都交通局は2019年5月16日(木)、「路面電車の日」を記念して、東京さくらトラム(都電荒川線)の車両撮影会や鉄道部品販売会などのイベントを実施すると発表しました。

Large 190520 arakawa 01
展示される6000形電車(画像:東京都交通局)。

 日時は、2019年6月9日(日)10:00から13:00までで、会場は荒川電車営業所(最寄り駅は荒川車庫前)。イベント内容は下記の通りです。

・車両撮影会。
・車庫内見学会。
・マスコットキャラクター「とあらん」撮影会。
・都電オリジナルグッズや鉄道部品の販売。
・都バス、銚子電鉄、ひたちなか海浜鉄道、路娘モーションのPRと地域PR。
・保守作業車展示、踏切遮断機動作実演。
・保線業務の模擬体験(事前応募制)。
・切り絵展示。
・鉄道模型の展示。

 このほか5月25日(土)から6月8日(土)まで、「路面電車の日」記念ヘッドマークを付けた車両を運行し、イベント当日は会場内に展示します。また、6月9日(日)から三ノ輪橋おもいで館にて、都電6000形をあしらった限定キーホルダーを販売します。

 ちなみに「路面電車の日」は、6月10日「ろ(6)テン(10)」(路電)の語呂合わせで、1995(平成7)年に開催された第2回路面電車サミットにおいて制定されました。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント