JR芸備線、10月下旬に全線運転再開へ 2018年の西日本豪雨で現在も一部不通

復旧工事が進んでいます。

Large 190614 jrwgeibi 01
橋脚などが流された芸備線の「第1三篠川橋りょう」。2018年7月7日撮影(画像:JR西日本)。

 JR西日本は2019年6月14日(金)、西日本豪雨の影響で運転を見合わせている芸備線の三次~狩留家間48.2kmについて、10月下旬から運転を再開できる見込みとなったと発表しました。

 2018年7月の豪雨で、芸備線は「第1三篠川橋りょう」(白木山~狩留家間)の橋脚が流されるなどの被害が発生。ここを含む三次~狩留家間で、現在も列車の運転を見合わせています。

 具体的な運転再開日は、決まり次第告知される予定です。なお、JR西日本は、梅雨や台風などの影響を受けた場合は再開予定時期が変わる可能性があるとしています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント