あえて10車線→6車線に減らすワケ 神戸・三宮駅前の幹線道路、将来的には3車線に

神戸・三宮駅前の10車線道路を、あえて6車線に規制する社会実験が始まります。将来的には車線をさらに減らし、「人と公共交通優先」の空間にしていくそうです。

1日3万5000台が通行する幹線道路を規制

 神戸市が2019年7月1日(月)から1か月間、三宮駅前の幹線道路で車線規制を実施します。工事などにともなう規制ではなく、意図的に車線数を減らす社会実験です。

Large 190627 sannomiya 01

拡大画像

三宮交差点。左右に交わる中央幹線のうち、ここから約400m東(写真左側)までの区間で車線規制が実施される(画像:loco3/123RF)。

 対象となるのは神戸市街を東西に貫く通称「中央幹線」の一部、三宮交差点から中央区役所前交差点までの約400mで、10車線が6車線に規制されます。歩道側の車線や右折車線が一部閉鎖され、既存の直進車線の一部が左折専用や右折専用になるほか、信号はすべて矢印信号となり、右左折のタイミングも変わるそうです。

 中央幹線は1日あたり3万5000台もの交通量があるとのことですが、なぜこのような実験を行うのか、神戸市の都心三宮再整備課に聞きました。

――なぜ車線を減らす実験を行うのでしょうか?

 神戸市では三宮交差点を中心に、南北に交わる税関線(フラワーロード)と、東西に交わる中央幹線の一部を、人と公共交通優先の空間「三宮クロススクエア」にすることを目指しており、その一環として行います。今回は、車線減少にともなう自動車交通への影響を検証するための実験です。2025年ごろには中央幹線を10車線から6車線へ、2030年ごろには3車線へと段階的に車線を減らし、歩道空間を拡大する予定です。

――将来的に、公共交通以外のクルマを排除するということでしょうか?

 もちろん、周辺商店などへの荷物配送など、三宮駅前に用事のある車両は最低限通行できるようにしますが、現状では駅前に用がないクルマも多く通過しています。この通過交通を違う路線に迂回させ、駅前の交通量を減らしていくことが目的です。今後は、そのように別路線へ交通を流す工夫もしていかなくてはなりません。

【画像】将来は10車線→3車線に? 三宮駅前の道路

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. 迂回路が都市高速とか庶民を舐めてる

  2. バスタ新宿なんて、誉められた仕事じゃないよ。
    大本営発表はお止めなさい。

  3. >>迂回路が都市高速とか庶民を舐めてる

    庶民は三宮中心部で自家用車に乗る事はないのでは?
    これは事業用車を迂回させる為の施策でしょう?

    • 有料回避しようとしたら三宮中心部ルート以外選択肢ないので、
      いつもではなくてもそれなりに通過するんですよね…

  4. 咲きに迂回道路整備しないとカオスなるだけだな。今でも2号線とかえらい混んでるのに。