なにわ筋線の鉄道事業、国交省が許可 北梅田~JR難波・南海新今宮間

国土交通省が、なにわ筋線(北梅田~JR難波・南海新今宮)の鉄道事業を許可します。約7.2kmの区間に3つの新駅を設置し、2031年春の開業を目指します。

開業予定は2031年春

 国土交通省は2019年7月9日(火)、なにわ筋線の鉄道事業を10日(水)付けで許可すると発表しました。

Large 190709 naniwasuji 01
大阪市中心部を南北に縦貫するなにわ筋線(画像:国土交通省)。

 なにわ筋線は、大阪市中心部の梅田・中之島・難波を南北に縦貫する鉄道の計画路線です。大阪府やJR西日本などが出資する第三セクターの関西高速鉄道が建設主体となり、JR西日本と南海電鉄が線路など設備の使用料を支払う「上下分離方式」が採用されます。

 整備区間はJR東海道本線(梅田貨物線)に接続する北梅田から、関西本線に接続するJR難波と、南海本線に接続する新今宮まで。途中には、中之島、西本町、新難波の3駅が設置される計画です(駅名はいずれも仮称)。事業延長は計約7.2km、費用は約3300億円。開業目標は2031年春です。

 国土交通省はなにわ筋線の事業について、路線整備により、関西空港と梅田が直結するほか、新大阪と大阪南部地域とのアクセス性が改善するなど、近畿圏の社会経済発展に貢献することが目的としています。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント