関空特急「はるか」の新型271系が登場! 現行281系と連結、全席にコンセント設置

JR西日本が関空特急「はるか」用に新開発した271系電車が完成しました。これまでの281系電車のデザインを受け継ぎつつ、荷物スペースや電源コンセント、液晶画面による情報案内装置など、様々な点が改良されています。

現在の特急「はるか」281系に連結

 JR西日本が、関西空港アクセス特急「はるか」用の新型車両として、271系電車を開発。2019年7月10日(水)、製造を担当した近畿車輛(大阪府東大阪市)で報道陣に公開しました。

Large 190710 jrw271 01

拡大画像

JR西日本が新開発した271系電車。デザインは287系電車がベースとなっている(2019年7月10日、伊原 薫撮影)。

 現在、「はるか」には専用の281系電車が使われています。「はるか」はおもに6両編成ですが、混雑する一部列車は3両を増結した9両編成で運行しています。このため281系は6両の基本編成9本に加えて、3両の増結編成3本の合計63両が存在しますが、基本編成に比べて増結編成は数が少ないため、全列車を9両編成で運行することはできません。

 一方、最近は外国人観光客を中心に関西空港の利用客が増加しており、「はるか」の利用者も増え続けています。そこで、JR西日本は「はるか」の全列車を9両編成で運行することに決定。281系は登場から25年が経過していることから、必要となる増結用編成は新形式で対応することになりました。こうして生まれたのが271系です。

 271系は、JR西日本の最新型特急車両である287系電車(特急「きのさき」「こうのとり」「くろしお」などで使用)をベースに、様々な改良が加えられました。外観デザインも287系を基本とし、前面に常時使用可能な貫通扉を設けることで、2編成を連結した際に乗客や乗務員が通り抜けできるようになっています。ただし、連結相手となる281系は前面貫通扉が非常用のため、271系の貫通扉も当面は非常用としてのみ機能します。

【写真】271系の外観・客室・運転席

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190710 jrw271 11
  • Thumbnail 190710 jrw271 12
  • Thumbnail 190710 jrw271 13
  • Thumbnail 190710 jrw271 14
  • Thumbnail 190710 jrw271 15
  • Thumbnail 190710 jrw271 16
  • Thumbnail 190710 jrw271 17
  • Thumbnail 190710 jrw271 18
  • Thumbnail 190710 jrw271 19
  • Thumbnail 190710 jrw271 21
  • Thumbnail 190710 jrw271 22
  • Thumbnail 190710 jrw271 23
  • Thumbnail 190710 jrw271 24
  • Thumbnail 190710 jrw271 25
  • Thumbnail 190710 jrw271 26
  • Thumbnail 190710 jrw271 27
  • Thumbnail 190710 jrw271 28
  • Thumbnail 190710 jrw271 29
  • Thumbnail 190710 jrw271 30
  • Thumbnail 190710 jrw271 31
  • Thumbnail 190710 jrw271 32
  • Thumbnail 190710 jrw271 33
  • Thumbnail 190710 jrw271 34
  • Thumbnail 190710 jrw271 35
  • Thumbnail 190710 jrw271 01
  • Thumbnail 190710 jrw271 02
  • Thumbnail 190710 jrw271 03
  • Thumbnail 190710 jrw271 04

最新記事

コメント