予約した列車に乗り遅れた! きっぷ「買い直し」せずに後続列車に乗る方法と注意点

「最終列車」の予約は要注意

 特急のグリーン車指定席を使うつもりで指定席特急券とグリーン券を購入したが乗り遅れた場合、後続列車のグリーン車を利用できる場合があります。ただし、係員が特に問題ないと判断した場合に限られるため、まずは駅員や車掌に相談しましょう。そのときの状況によってはグリーン車を利用できず、普通車自由席を案内されることもあります。

Large 190920 noriokure 21

拡大画像

全車指定特急に乗り遅れると後続の全車指定特急は利用できないが、写真の「はやぶさ」は後続の「はやぶさ」に立って乗ることができる(2011年3月、草町義和撮影)。

 この特例で特に注意したいのが最終列車の予約です。最終列車に乗り遅れると、その日のうちに出発する後続列車がないため、自由席を利用できるという特例も生かせず、指定席特急券は完全な無効になってしまいます。

 なお、チケットレスで利用できるネット予約サービス「モバイルSuica特急券」「スマートEX」なども、指定した列車に乗り遅れたら後続列車の普通車自由席を使えます。もっとも、これらのサービスは列車が出発する前なら、何回でも手数料なしで列車を変更できる場合があり、このメリットを活用すれば、後続の列車でも指定席を使えます。

 たとえば、寝坊して出発時刻の30分前に自宅を出たものの、自宅から乗車駅までは40分かかるため間に合わないというような場合、スマートフォンなどの携帯端末で予約サービスのサイトに急いでアクセス。出発時刻になる前に後続列車の指定席に変更すれば、追加手数料を払う必要はありません。

 ただし、サービスによっては変更できる時間や回数が限られていたり、割引きっぷは変更できなかったりするなどの制約が。ネット上で予約したうえで紙のきっぷを駅で受け取るタイプの予約サービスも同じような制約がある場合がありますので、それぞれのサービス内容をよく確認しておきましょう。

【了】

【画像】実物の指定席特急券

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント