知られざる「連続乗車券」 「片道」でも「往復」でもないきっぷのメリットは

JRが発売している乗車券には片道乗車券と、行きと帰りの片道乗車券をセットにした往復乗車券がありますが、実はもうひとつ「連続乗車券」と呼ばれるきっぷもあります。いったいどのようなきっぷで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

あまり聞かない名前のきっぷ

 JR線を走る列車を利用するのに必要な「乗車券」は、大きく分けると1回だけ利用できる「普通乗車券」と、特定の期間もしくは特定の回数だけ利用できる「定期乗車券(定期券)」「回数乗車券(回数券)」などがあります。このうち普通乗車券は、さらに「片道乗車券」「往復乗車券」「連続乗車券」の3種類があります。

Large 180621 renzoku 01
JRの連続乗車券。ルートが連続する片道乗車券2枚をセットにしたようなものだ。

 JR東日本のウェブサイトにある「きっぷあれこれ」などの説明によると、片道乗車券は「A駅からB駅までの乗車券」。要するにB駅に行くだけのきっぷで、A駅に戻る場合はまた片道乗車券を購入しなければなりません。

 これに対して往復乗車券は「A駅とB駅間で『ゆき』と『かえり』を同じルートで利用する場合の乗車券」と説明しています。往路と復路の片道乗車券をセットで販売しているようなものですが、乗車券を買う手間は1回に減ります。また、全体の有効期間が2倍になり、利用する距離が長くなると運賃が割引になるというメリットもあります。

 片道乗車券と往復乗車券はよく知られていて、実際に買ったことがある人も多いと思いますが、3番目の連続乗車券とはどんなきっぷなのでしょうか。あまり聞いたことがない名前で、買ったことがないどころか、その存在自体、知らない人の方が多いかもしれません。

「きっぷあれこれ」には「A駅からB駅で折り返すなどしてC駅までというように、片道または往復とはならない場合の乗車券」と説明されています。ちょっと分かりにくい表現ですが、これは片道乗車券の「あるルール」が分かると理解しやすくなります。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180621 renzoku 02
  • Thumbnail 180621 renzoku 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 記事の書き方が非常にわかりにくい。
    パッと見、『東京都区内~大宮』と『大宮~東京』て同じじゃない?と誤認する。
    切符マニアにいわせたら『東京都区内と書かれてる時点で、長距離切符だから云々』というだろうが、『連続乗車券』を知らない人(切符に詳しくない人)むけの説明なんだから、もうすこしわかりやすくすべきじゃないかと思うな。

    • 記事を読むと、連続乗車券2枚のそれぞれに印刷されている経路の合計距離に対して運賃が計算されるのかと思ったけど、乗車券の写真を見ると各券の距離に応じた運賃2つを合算するのですね。

  2. こういう普通きっぷも、ごく近々のうちに買えなくなるんだろうな。

  3. 写真の券面と地図にある連続乗車券ルート(赤い線)が全然違う場所だ。これは分かりにくい、

  4. 2,3年前に蒲◯駅へ連続乗車券を買いに、みどりの窓口に行った事があるが、窓口の女性担当氏は連続乗車券自体を知らずに買えなかった。その方は、調べもせず、そんな切符やルールはありませんという応対でした。
    仕方なく周辺の駅に行き連続乗車券をお願いしたが、連続乗車券を知っている窓口氏はいらしたが、マルスの発券操作方法がわからず、結局買えなかった。
    打開策として、1週間程度の預かりを提案されましたが、時間がなく片道乗車券+途中下車して乗車券買い直しの組み合わせにせざるを得ませんでした。

  5. 連続乗車券そのものを知らない窓口担当者います。単純に片道乗車券二枚出してお茶を濁そうとする。
    時刻表のピンクのページすら理解してないような、基本的な業務スキルのない窓口でどうするのかな。