「自衛隊観艦式」中止で14日(月)限りの艦艇公開を実施へ 乗艦券所有者対象 防衛省

見学には「乗艦券」が必要です。

Large 191008 msdf3 01

拡大画像

横須賀に停泊する海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」。2019年10月14日に横須賀の吉倉桟橋で公開される(2018年11月21日、乗りものニュース編集部撮影)。

 防衛省 海上幕僚監部は2019年10月13日(日)、翌14日(月・祝)に予定していた「自衛隊観艦式」について、台風19号にともなう災害派遣に万全を期すため中止することを発表しました。

 また同日、中止になった12日(土)と13日(日)の「観艦式事前公開」および14日の「自衛隊観艦式」における「乗艦券」保有者に対し、10月14日午前9時から同日16時までのあいだ、神奈川県横須賀市の吉倉桟橋、船越岸壁および千葉県木更津市の木更津公共ふ頭にて、海上自衛隊艦艇の公開を実施することも発表しました。

 公開される艦艇は、横須賀の吉倉桟橋に護衛艦「いずも」「あたご」など9隻、船越岸壁に護衛艦「ふゆづき」「さみだれ」など5隻、木更津公共ふ頭に掃海母艦「うらが」と護衛艦「いかづち」の2隻です。乗艦券記載の場所に関わらず、これら3か所のいずれも見学できるとのことです。

 海上幕僚監部は、災害派遣の状況により、公開場所や時間は変更になる可能性があるといい、その場合は、海上自衛隊の公式SNS(Facebook、Twitter、Instagram)にて告知するとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191008 msdf3 02
  • Thumbnail 191008 msdf3 01

最新記事

コメント