「パンダくろしお」2編成目を投入 運行期間延長、来春以降は1往復が時刻固定に

「パンダくろしお」が増えます。

Large 191024 jrwpandakuroshio 01
287系電車「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」(画像:JR西日本)。

 JR西日本は2019年10月24日(木)、テーマパーク「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)と連携し運行しているラッピング編成「パンダくろしお『Smile アドベンチャートレイン』」の運行期間を延長するとともに、1編成を追加すると発表しました。

「パンダくろしお」は、特急「くろしお」用の287系電車1編成(6両)を使用し、2017年8月5日(土)から京都~新宮間で運行されています。車体にパンダの顔や「アドベンチャーワールド」の動物などをラッピングしており、車内の座席にも、パンダの顔をデザインしたヘッドレストカバーが使われています。運行期間は2019年11月までの予定でしたが、今回、2020年8月ごろまでに延長されました。

 さらに12月からは2編成目が登場。1編成目のデザインを踏襲し、同じ区間を走ります。運行は2023年夏ごろまでの予定です。

「パンダくろしお」が使われる特急「くろしお」は現在、日によって異なりますが、2020年春以降は、定期列車の「くろしお」のうち1往復が「パンダくろしお」に固定されます。

【了】

【写真】パンダの顔が並ぶ車内

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191024 jrwpandakuroshio 02
  • Thumbnail 191024 jrwpandakuroshio 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 早乙女玄馬なんだよなぁ