バニラエア運航終了 約6年の歴史に幕 ANA系LCC、ピーチへ統合で「日本最大のLCC」へ

同じANAグループのLCC、ピーチと統合するバニラエアの運航が2019年10月26日をもって終了。拠点の成田空港への最終到着便を井上社長らが出迎えました。バニラをピーチへ統合する理由はどこにあり、何を目指しているのでしょうか。

台北からの便でバニラエア、運航終了

 成田空港を拠点にするLCC(格安航空会社)のバニラエア。その成田着最終便が2019年10月26日(土)18時すぎに同空港へ到着、同社の井上慎一社長やスタッフたちが出迎えました。

 バニラエアは成田空港を拠点に国内9路線、国際10路線、あわせて19路線を運航していましたが、2018(平成30)年12月に、関西空港を拠点とする同じANAグループのLCC、ピーチとの統合を発表。バニラエアの路線は順次ピーチへ移管され(廃止された路線などもあり)、バニラエアによる運航は、この18時すぎに拠点の成田空港へ到着した台北からのJW106便、そしてこのあと20時15分に福岡空港へ到着予定の同じく台北発JW158便をもって終了です。

Large 191026 jw106 01

拡大画像

拠点空港「成田」へのバニラエア最終到着便を出迎える井上社長やCAたち(2019年10月26日、乗りものニュース編集部撮影)。

 バニラエアは2011(平成23)年、ANA(全日空)とマレーシアのエアアジアが共同出資した「エアアジア・ジャパン」として運航を開始したのち、2013(平成25)年の両社提携解除によりANAのグループ会社「バニラエア」として再出発しました。提携解除は、2社の経営方針の違いが原因といわれています。またエアアジアはその後、同じ「エアアジア・ジャパン」の名で、別のLCCを中部空港拠点で設立しています。

 なお今回、バニラエア成田着最終便に使用されたエアバスA320型機(機番:JA02VA)は、「黄色」をトレードカラーとしている同社で2機だけの、白ベースのボディと尾翼が特徴の「白バニラ」機。バニラエアの導入2号機でもあります。

【写真】到着した「白バニラ」これで見納め「バニラエア」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 成田香港便を無くされると困る