バニラエア運航終了 約6年の歴史に幕 ANA系LCC、ピーチへ統合で「日本最大のLCC」へ

“新生ピーチ”代表取締役CEOが語る、「新生ピーチのミッション」とは?

“新生ピーチ”のミッションは「新しい価値を創造すること」と、“新生ピーチ”の代表取締役CEOでもあるバニラエアの井上慎一社長は話します。

「ガイドブックに頼らず、SNSや友人の口コミをきっかけに旅行する方が増えているなど、新しい価値観が生まれています。また、住む場所の敷居も低くなりつつあり、週末移住や季節移住も流行する兆しがあります。そういった方が、気軽に飛行機を利用できるお手伝いができればと思います。高いパフォーマンスを発揮してきたバニラの社員と、ピーチの社員が、スクラムを組んでチャレンジしていきたいです」(バニラエア 井上慎一社長)

Large 191026 jw106 03

拡大画像

駆け付けたスタッフ約80人がサイリウムでお出迎え(2019年10月26日、乗りものニュース編集部撮影)。

“新生ピーチ”は今後、就航路線数50以上を目指し、路線を拡大していくとのこと(現在は国内線19路線、国際線17路線)。

 また、ほかのアジア諸国のLCCが大多数を占める日本発着中距離国際線への参入も計画しており、現在使用しているエアバスA320型機より航続距離の長いエアバスA321LR型機を、2020年までに2機導入する予定です。

【了】

【写真】到着した「白バニラ」これで見納め「バニラエア」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 成田香港便を無くされると困る