JAL「新国内線普通席」導入のB787に乗った JAL初の国内線仕様B787 どこが変わった?

JALが新たに導入した国内線仕様のボーイング787-8型機に搭乗。機内は「新しい国内線仕様」が採用されており、モニターやビデオプログラム、座席、無料機内Wi-Fiなど、進化していました。また、国際線仕様機とも違いがありました。

シートは滑りにくさがアップ

 JAL(日本航空)が2019年9月に導入したエアバスA350-900型機、そして10月に導入した国内線仕様ボーイング787-8型機。これらには、JALの新機内仕様と新座席が導入されています。このうち、国内線仕様ボーイング787-8型機の初便(羽田発伊丹行きJL107便)に2019年10月27日(日)、乗りました。

 新たな普通席は、これまでの国内線シートである「スカイネクスト」の普通席と同じく「黒」がテーマカラーですが、仕様は進化しています。

Large 191027 seat 01

拡大画像

JAL国内線仕様のボーイング787-8型機。羽田~伊丹線で、後ろのボーイング767-300型を置き換える(2019年10月27日、乗りものニュース編集部撮影)。

 オールレザーだった「スカイネクスト」の座席に対し、新国内線普通席は、背もたれ部分はファブリックで、座面部分はレザー。背もたれの素材を変えた影響からか、座面も以前より滑りにくさがアップしている印象です。

 座面の硬さは、あくまで記者の主観ではありますが、以前の「スカイネクスト」より硬め。ただJAL国際線エコノミークラスの座席「スカイワイダー」と比べると、新国内線普通席のクッションは柔らかい印象で、「スカイネクスト」と「スカイワイダー」の中間の柔らかさ、といった感覚でした。

 また座席の背もたれは、その背面のモニターより下側の部分を薄くしたそうです。リクライニングさせたとき、後席の足元スペースへの影響を少なくするためといいます。

【写真特集】新しいJAL新国内線普通席をチェック!

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント