JR九州 新観光列車「36ぷらす3」2020年登場 黒い787系で九州全県周遊 1日単位乗車OK

JR九州に約3年半ぶりとなる新しい観光列車(D&S列車)が登場。名称は「36ぷらす3」で、5日間かけて九州のすべての県を巡ります。車両は787系電車を使用。全車両グリーン車になり、かつて営業していたビュフェが復活します。

「九州のすべてが、ぎゅーと詰まった列車」

 JR九州は2019年11月21日(木)、新しい観光列車(D&S列車)「36ぷらす3(さんじゅうろく ぷらす さん)」を2020年秋から運行すると発表しました。

Large 191121 363 01

拡大画像

787系電車を使った新しい観光列車「36ぷらす3」のイメージ(画像:JR九州)。

 JR九州で「D&S列車」が誕生するのは、肥薩線を走る特急「かわせみ やませみ」以来およそ3年半ぶりです。

 同社は列車名の「36」について、「世界で36番目に大きい島、九州を巡る5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーと詰め込んでおり、全コースを楽しんでいただくことで、お客さまに“36番目のエピソード”を語っていただきたいという想いを込めて命名」したといいます。

「ぷらす3」は、この列車を通じて「驚き、感動、幸せ」を届け、「お客さま、地域の皆さま、私たち」でひとつになることで『39(サンキュー!)=感謝の輪』を広げていきたい」という気持ちを込めたとしています。

 コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」です。九州のローカル色を「ぎゅーと詰め込む」ことで、利用者に「九州をもっと知りたい」と感じてほしいといい、「世界一長距離を環状運転する電車」であることをひとつのきっかけとして、「世界一楽しい和・輪」を地域の人たちと一緒に描きたいという想いを込めているといいます。

【画像】「36ぷらす3」の運行ルート&デザイン

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191121 363 02
  • Thumbnail 191121 363 03
  • Thumbnail 191121 363 04
  • Thumbnail 191121 363 01

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

コメント

1件のコメント

  1. 九州全県とうたいながら沖縄県が入っていないのは何故だろう?沖縄県は九州ではないの?