さよなら最強機関車「EF200」&レア特殊貨車「大物車シキ800」京都鉄博から別れの旅へ

全車が引退した強大な出力を持つEF200形電気機関車と、「大物車」と呼ばれるシキ800形貨車の展示が、京都鉄道博物館で終了。「お別れセレモニー」が開催され、多くの人々がそのさよならの旅立ちを見送りました。

JR貨物社歌『春夏秋冬』と『いい日旅立ち』で

 京都鉄道博物館(京都市下京区)で2019年11月24日(日)、EF200形電気機関車とシキ800形貨車の展示終了に合わせて「お別れセレモニー」が実施されました。

 3月に引退したEF200形電気機関車と、なかなか見られない「大物車」と呼ばれる特殊な貨車「シキ800形」は、11月16日(土)から京都鉄道博物館で特別展示されていました。

Large 191124 ef200 01

拡大画像

大勢の来場者に見守られ、京都鉄道博物館から旅立っていくEF200形電気機関車(2019年11月24日、伊原 薫撮影)。

「お別れセレモニー」では、JR貨物吹田機関区の松田佳久区長が「EF200は、活躍した期間は30年弱と短かったのですが、これだけ多くの人に愛されていたことを実感しました。ここで培われた技術はほかの機関車に生かされており、とても大きな存在の車両でした」と挨拶したのに続き、日本通運株式会社関西重機建設支店の平松孝則支店長も、「大物貨車という、あまりなじみのない車両にもかかわらず、これだけ多くの人が集まってくださったことに驚きました。この貨車が、日本のインフラを支えていたということを知っていただければと思います」と話しました。

 また京都鉄道博物館の三浦英之館長は「この2両は、それぞれ日本の経済に大きく寄与してきた車両です。『ありがとう、お疲れさまでした』という気持ちで見送りたいと思います」と、ねぎらいの言葉をかけています。

 その後、JR貨物の社員が演奏するJR貨物社歌『春夏秋冬』に送られて、まずシキ800形貨車を移動し、EF200形電気機関車に連結。EF200形電気機関車の運転台から来館者に紙テープが渡され、『いい日旅立ち』のメロディが流れるなか、2両はその場を後にしました。

【写真】EF200&シキ800ってどんな車両? 写真で詳しくチェック

画像ギャラリー

  • Thumbnail 01
  • Thumbnail 02
  • Thumbnail 03
  • Thumbnail 04
  • Thumbnail 06
  • Thumbnail 07
  • Thumbnail 08
  • Thumbnail 09
  • Thumbnail 10
  • Thumbnail 11
  • Thumbnail 191124 ef200 31
  • Thumbnail 191124 ef200 32
  • Thumbnail 191124 ef200 01
  • Thumbnail 05
  • Thumbnail 191124 ef200 02

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. シキの方は貨物鉄道博物館とかで引き取ってもらえなかったのかな。
    EF200は生まれた時代が悪かったとしか。

    • 生き残るシキ801の為に部品取りとなる可能性>シキ800
      EF200は…タイミングですよね〜。

  2. 非電化地域の故郷でDF50しか知らなかった世代からしたら新車のお披露目会にも見えるけどな。
    野球中継も延長の無い一部の地域の局地だし
    ただ勾配地区だからキハも妙に馬力のデカイのが走ってたけどね。
    都会じゃこんなん新車みたいなのが引退なんだな

    • まだまだ使えるのに勿体無い・・・。