Uボートも撃沈した豪華客船「タイタニック」姉妹船 その2隻がたどった数奇な運命とは

映画から英語教科書まで、広く知られる豪華客船「タイタニック」号ですが、その姉妹船2隻もなかなかに数奇な運命をたどりました。豪華客船からイギリス海軍の軍船へ、「オリンピック」「ブリタニック」の物語を追います。

「タイタニック」は3姉妹の次女

 豪華客船「タイタニック」号といえば、その悲劇的なエピソードで広く知られる船です。20世紀初頭に建造され、不沈船と呼ばれたもののその処女航海で沈没、乗員乗客合わせて1500人以上が犠牲になりました。20世紀最大の海難事故ともいわれ、何度も映画やミュージカルとして上演されるなどし、沈没する船のデッキで最後まで演奏を続けた楽団のエピソードなどが伝えられる一方、沈没は陰謀だったという説もまことしやかに語られるなど、沈没から100年以上が経過した2019年現在でも、根強いファンの多い船となっています。

Large 191126 titanic 01

拡大画像

「タイタニック」は、イギリスのホワイト・スター・ライン社が建造した豪華客船。処女航海で沈没した悲劇は広く知られる。

 さてその「タイタニック」ですが、実は3姉妹の2番艦であったことはあまり知られていないかもしれません。そして、その1番艦「オリンピック」号と3番艦「ブリタニック」号も、実は「タイタニック」に負けず劣らずドラマチックな運命をたどっています。

「オリンピック」「タイタニック」「ブリタニック」という、3隻の豪華客船の建造が計画されたのは1907(明治40)年のことです。3隻とも当時人気の高かった大西洋航路(アメリカ~イギリス間)へ就航する、オリンピック級客船として建造されました。「オリンピック」と「タイタニック」は、ほぼ同時に建造されたため、そっくりな外見をしており、すぐには見分けがつかないほどであったといいます。3隻目の「ブリタニック」だけは、「タイタニック」の沈没後に起工したため、その設計は大きく見直されており、最初の2隻とは少し違った外見となりました。

【写真】映画のラストシーンが目に浮かぶ「大階段」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント