戦略爆撃機 どう世界へ拡散したのか B-29をソ連が完全コピーした「Tu-4」 皮肉な歴史

巡り巡って中国にまで流れたB-29の技術

 ソ連はB-29の完全コピーを目指したものの、いくつかの部分で相違がありました。まず大きな違いはエンジンです。組み合わせるターボチャージャーこそコピー品でしたが、エンジンは独自に開発したシュベツォフAsh-73空冷星形エンジンでした。

 またB-29の特徴であった機内与圧の前後通路部分や、リモコン銃座の射撃管制装置などはコピーできなかったといわれています。さらにヤード・ポンド表記を無理やりメートル・グラム表記に換算し製作したためか、重量が1%(約0.5t)ほど増えていました。

Large 191129 tu4 02

拡大画像

B-29の機体下部リモコン銃座。ソ連がコピーできなかったもののひとつに、リモコン銃座の射撃管制装置がある(画像:アメリカ空軍)。

 それでもソ連は、曲がりなりにもB-29のコピーに成功、第2次世界大戦後の1947(昭和22)年5月19日に初飛行すると、Tu-4の名称で1949(昭和24)年から1952(昭和27)年までの間に847機生産し、自国初の戦略爆撃機として運用しました。

 一方で、ソ連は1949(昭和24)年8月29日に、原子爆弾を用いた初の核実験に成功しています。Tu-4は原型のB-29同様、高度1万m以上を飛行し、核爆弾を運搬できるため、つまりアメリカの「核の独占」を打ち砕く存在となったのです。

 しかも1950年代前半には、中国(中華人民共和国)に対してソ連がTu-4を約10機供与しています。そして1964(昭和39)年10月16日には中国も核実験に成功し、Tu-4は中国においても、核爆弾の運搬手段となります。

 そのころになると中国は、スターリン亡きあとのソ連と距離を置いており、米ソのどちらにも与さない第三極として存在していたため、米ソ両方に対しての牽制となりました。

 アメリカはB-29を開発したことで、対日戦を有利に進めることができましたが、同機の技術がソ連に渡ったことで、結果として自国に向く「核の矢」ができあがってしまったともいえます。

 またソ連も、スターリンの好意から中国にTu-4を引き渡したことで、自国に核攻撃可能な手段を中国に自らお膳立てした形となりました。

 まさに歴史の皮肉を感じさせる流れをB-29は作ったといえるでしょう。

【了】

【写真】Tu-4の原型となったアメリカ製のB-29戦略爆撃機

Writer: 柘植優介(乗りものライター)

子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。とうぜんミリタリーも大好き。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント